画像: 白鹿記念酒造博物館@西宮

白鹿記念酒造博物館@西宮

先日兵庫訪問の際、西宮にも訪れました。阪神西宮駅には酒どころをPRするポスターが貼ってあり、早速ワクワク感高まります今回の目的は「白鹿」を醸す辰馬本家酒造が運営する、一般社団法人白鹿記念酒造博物館。HPはこちら酒ミュージアム-白鹿記念酒造博物館酒のまち西宮にある、日本にただひとつの「酒」と「さくら」の博物館「酒ミュージアム(白鹿記念酒造博物館)」の公式サイト。展覧会・イベント情報、ご利用案内のほか、日本酒の歴史と文化を紹介する「酒トーク」コラムと、「桜男」と呼ばれた笹部新太郎氏や、桜の歴史と文化を紹介する「桜つれづれ」コラムもお楽しみいただけます。sake-museum.jpこちらは、記念館と酒蔵館があり、日本にただ一つの、日本酒と桜の博物館なんですよ辰馬健仁社長や博物館の皆さんとお話させていただいたあと、学芸員の方がご案内くださいました。まずは酒蔵館へ。瓦屋根のとても立派な造りでびっくりこちらは、まさに江戸時代、江戸への樽廻船が停泊する港まで酒蔵から酒を運ぶ時の道がそのまま残っています。当時はアスファルトなんてありませんし、土の上だと重量あり運びづらいので、石のレールに台車の車輪を載せて運搬していたのですね。車輪の跡が残っているところからも、リアルに当時の様子が思い浮かびます...。貴重な生きる資料ですよね。こちらは、昔使われていた井戸。このようにして水を汲み上げていたのですね。ミュージアムは昔の酒蔵の跡地になっているので、まさに蒸米の窯があった跡もそのまま残っています。そして、昔使われていた酒造りの道具も沢山展示されていますよ。兵庫県発祥のきもと造り。酒 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.