画像: 「徳島・鳴門 大井食堂・鳴ちゅるうどんとみのりの徳島うどん」

「徳島・鳴門 大井食堂・鳴ちゅるうどんとみのりの徳島うどん」

徳島県鳴門市ってうどんが名物なんですねー
なんとなく、徳島ラーメンが有名なのかなって思っていたのですが、ラーメンだけでなくうどんも人気の名物グルメだったんですね。
特に鳴門では、「鳴ちゅるうどん」なんて呼ばれる、
ふわふわの柔らかうどんが食べられるんです。
まず行ったのは、大井食堂。
もともとは屋台でうどんを売っていたお店で、通り過ぎたうしろから
「おーい」と呼び止められていたから”大井食堂”になったんだとか?
本当なのかどうなのかはわからないんですけど、面白い話ですね。
柔らかなうどんは太さがばらばらで、
出汁を吸い込んでとろとろちゅるちゅるの部分と、太くて食べ応えがある部分が混在する麺です。
あっさりとした出汁も優しくて、おじやを食べるようにするすると食べられます。
これは、塩田で働く労働の後の食事として考えられたのだとか。
「うどん代」って書いてあるのもおもしろい!
あと、値段みてください、嬉しい価格!!!!!!!!
---
反対に、香川のうどんみたいなしっかりうどんの「みのり」。
こちらは地元の方に教えてもらいつれていってもらいました。
肉うどんの肉は、徳島ラーメンに乗っている肉のように甘め。
うどんには玉子の天ぷらを追加しています。
半熟の玉子トッピングでいただくうどんです^^
途中にすだち果汁をたっぷりと。
この味変はマストですな。
どちらもめちゃくちゃおいしかったです!
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.