画像: ソロノイスルヌジェで春ピザ

ソロノイスルヌジェで春ピザ

本日のピックアップフォトは、都立大学駅徒歩1分のピッツェリア「ソロノイスルヌジェ」で食べた春を感じるピッツァです。春らしい豆と薫りと旨味の強いスペックを楽しめるピッツァでした。今回の記事は、ソロノイの新店情報や、ピッツァメイキング動画など盛りだくさんの内容でお届けします!。
緊急事態宣言期間中は、営業時間の短縮に加えて、テイクアウトやノンアルコール飲料も強化している安心感のあるお店ですよ。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
2018年12月に都立大学駅徒歩1分の場所にOPENして人気のピッツェリア、「ソロノイ スルヌジェ(SOLONOI sulnuje)」は、新型コロナウィルスの感染防止対策を徹底している上に、暖房効果を逃がさない大型換気システム「ロスナイ」を導入して安心安全に営業しています。
カウンター席もテーブル席も間隔を開けてあり、アクリル板も大きめのものを設置しているし、客層も家族で静かに食事を楽しむような人が多く居心地良く過ごせます。
ランチはその日のメニューから選べるようになっていてお得な内容になっています。
僕はピッツァばかり紹介していますが、パスタや魚介類の料理なども有名イタリア料理店で活躍してきた腕の良いシェフがいるので、安心のクオリティなんですよ。
僕は毎回たっぷりのサラダからいただきます。
サラダを食べ終えると今年3月からソロノイに加わった実力派ピッツァ職人の小出達也氏がピッツァの準備を始めました。
しっかりと延ばした生地に、春を感じる野菜のソラマメ、グリーンピース、グリーンアスパラ、ホワイトアスパラとモッツァレラチーズをトッピングしてオリーブオイルとパルミジャーノレッジャーノチーズをふりかけます。
パーラの上で形を整えたら薪窯に投入します。
Stefano Ferraraの薪窯でしっかりと焼いて仕上げてくれます。
完成したピッツァを本人に持ってもらいました。
ソラマメ、グリーンピース、グリーンアスパラ、ホワイトアスパラ、モッツァレラチーズをトッピングして焼いたピッツァに、燻製の香りも旨いスペックをトッピングした春の香りのピッツァ。軽くて旨い生地に、春の香りのするトッピングが実に旨いピッツァでした。
そんな小出達也氏がマリナーラを作る様子を動画にアップしているのでご覧ください。
ナポリピッツァのメイキングシーンを見ると、食べに行くのも楽しくなりますよ!
完成したマリナーラがこちらです。トッピングはトマトソースとニンニク、オレガノ、バジルというシンプルなピッツァがマリナーラですが、ソロノイのスタイルは、たっぷりのミニトマトが乗るので、ジューシーで美味しいマリナーラです。
オーナーピッツァイオーロの名取洸二郎氏と小出達也氏に完成したマリナーラを持ってもらいました。
ソロノイでは自由が丘に出す2号店の準備も始まり、益々忙しくなる名取君ですが、小出君のようなベテランピッツァ職人が一号店の窯を守っているので安心して動けそうですね!
新店の薪窯や煙突設置などの情報もこのブログでアップしていくので楽しみにお待ちくださいね!!
Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
毎日呟くJaffaのツイッターはコチラです
https://twitter.com/jaffaJP
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
SOLO NOI sul nuje
ソロノイ スルヌジェ
電話:03-6421-2875
東京都目黒区中根1-7-3オフィス都立大ビル1F
東急東横線 都立大学駅から徒歩1分
<ランチ>
11:30~14:00LO (土日祝14:30LO)
<ディナー>
17:30~22:00LO (日祝21:30LO)
日曜営業
定休日:毎週火曜日(祝日の場合翌日)
予算
昼:¥1,000~¥1,999
夜:¥4,000~¥4,999
サービス料・チャージ:夜200円
席数:43席(テーブル20席、ソファ8席、カウンター7席、個室8席)
貸切:可
完全禁煙
駐車場:無(近隣にコインパーキングあり)
オシャレな空間、席が広い、カウンター席、ソファー席、ベビーチェア2脚あり。
利用シーン:家族・子供、ママ友
お祝い・サプライズ可、テイクアウト可
子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)、ベビーカー入店可
オープン日:2018年12月5日
←食べあるキングメンバーです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.