画像: 瀬戸内キャビアの養殖場へ

瀬戸内キャビアの養殖場へ

先日、日帰り出張で香川へ。 東かがわ市引田にある、瀬戸内キャビアの養殖場に行ってきましたよ。HPはこちら 瀬戸内キャビア キャビック公式サイト|CAVIC JAPAN日本の瀬戸内地方、香川で生まれた瀬戸内キャビア「CAVIC(キャビック)」。清らかな天然水で育てたチョウザメからとれる潤い豊かなキャビアを、良質な岩塩で品良く味付け。瑞々しくまろやかな美味しさが特長の国産 生キャビアです。ご購入やオーダーも承ります。www.cavic.jp 日本でも最近は全国でチョウザメの養殖がされていますが、香川でも中学校の廃校を利用して養殖場を運営。板坂社長の母校でもあります。 体育館の中に水槽があり、成長に合わせて移動させています。 7年ほど経つとこんなに大きくなるのですね 生き物を扱うのは大変。キャビアは一度しか採れないため、それまで年月をかけ大切に育てられています。 とても珍しい、白いチョウザメも。 校舎がそのまま会社になっているので、校長室が社長室、加工する場所が理科室だったり... 廊下に、書初めも貼られていました 地元の小学生も、見学に。 現在、市場に出回っている輸入キャビアの多くは、採卵後に加熱処理され、劣化を防ぐために塩分濃度の高い状態で缶詰めされていますが、瀬戸内キャビアは生キャビア。 無添加、塩分濃度は3%未満で ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.