画像: SAKEwebinar〜八海山編 主催

SAKEwebinar〜八海山編 主催

第一回 酒サムライ あおい有紀のSAKEwebinar 八海山編、無事終了しました。 北は山形から南は鹿児島まで、定員の30名を超える方々にご参加いただきましたよ 当日は、冒頭20分ほど日本酒の基礎講座(級別制度や特定名称酒などについて)の後、南魚沼にある八海醸造と中継を繋ぎ、第二浩和蔵の中をご覧いただきました。 普段は一般公開していないので、貴重な機会 入社3年目、南雲社長の息子さんでもある南雲真仁副社長、製造部“頭”の村山雅俊氏、広報の浜崎こずえさんにご登場いただき、酒蔵の前、3階、2階...と移動しながら、バトンリレーのように繋ぎながらの解説。 事前にリハーサルをし、電波が届きにくい場所を確認して導線を修正して本番に挑みましたが、その甲斐あり、スムーズに進めることができました。 初心者の方にも分かりやすいように、酒造りの工程表を見ながら、麹室や酒母室、もろみタンクなどご覧いただきましたよ。 確実な食品安全管理を実践するためのマネジメントシステム規格. FSSC 22000を取得していることもあり、蔵の中に入るときには、酒造りをしていない時期でも完全防備で手洗い消毒。 床もピカピカで、徹底した衛生管理をしています 3トンタンクで仕込む量ながら、麹は本醸造も普通酒も全て手作り。 もろみの櫂入れは朝夕と1日2回、66タンク全て2メートル以上の櫂棒を使って行うとのことで...。 体力、気力も必要な作業ですが、そこは麹の出来具合や、どのくらい発酵が進んでいるかを人の手で、感覚で確かめる必要があるため、機械化はできないというこだわり 参加者には、この第二浩和蔵で造られた、8月20日発売されたばかりの新商品、八海山の大吟醸と純米大吟醸、そして八海山の顔でもある特別本醸造をご自宅にお届け。 合わせて、千年こうじやでも販売している、さんまの塩麴煮、干しほたるいか、 コースによっては、八海山オリジナルグラスもセットで。 テイスティングをしながら,更に八海山の酒 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.