画像: 「高知 北川村温泉ゆずの宿」

「高知 北川村温泉ゆずの宿」

私が今まで入った温泉の中で、ぬるぬるベスト3に入る温泉でした。
私そんなに温泉は詳しくないですけれどもね...、それにしてもここのぬるぬるは、自分の手と手がすり合わせられないくらいにぬるぬる。
すごかったです。
ここまで安芸市中心部の散策、ランチ、そして伊尾木の洞窟とまわってきました。この日最後の訪問地は北川村です。
レンタカー無しで行くにはなかなかハードルが高いです。
乗り継ぎが悪すぎるのです...
ごめん・なはり線が本数少ない上に、その後に乗る「北川村村営バス」がさらに本数が少ないわけです。
しかーし!
北川村村営バスは絶対に乗ってほしい...!
あんなにほんわかほわほわな気持ちにさせてくれるバスは、日本広しといえどもなかなか無いですよ。
駅の売店の方が率先して時間を確認してくださいますし、
住民の方たちを気遣い、荷物運び入れたり乗り降りのお手伝いしたり。
バスの中でもみんなお知り合いで会話の弾むこと♪
知らなくてもみんな仲良し。
だんだんと雄大な景色になってきました。
山と川を車窓に到着したら、小さなバス停でした。
宿はこちら、北川村温泉ゆずの宿。
とってもあたたかみがある宿でした。
日帰り温泉などもやっていらっしゃるとのことですが、この日は全体的にゆったりで、
お風呂は私の時間帯、貸切でした。
ごはんも繊細な盛り付けで美味しく、朝ごはんもちょうどいい量でした。
何もかも申し分なくて、いい宿でしたよー
近くには文化財に指定されている「小島橋」。
今は車が走れますが、昔は機関車の線路だったそうです。
幅はかなり狭く大きな車は通れそうにありませんでした。
リバービューで自然いっぱいの宿。
柚子で村が黄色く染まる季節にまた来てみたい。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.