画像: 湯島の名店アランジャルシに初訪問!

湯島の名店アランジャルシに初訪問!

本日のピックアップフォトは、これまでタイミングが合わずに訪問出来なかった湯島の名店「アランジャルシ(Arrangiarsi)」のピッツァマリナーラです。食べログピザ百名店3年連続受賞、ナポリのジャンニアクント社の薪窯でしっかりと焼かれたピッツァは、口溶けの良い懐かしさと旨さが交錯する見事なピッツァ。2年くらい前から行きたいと思い続けていた店ですが、当日電話しても大抵満席で入れないほどの人気店だったので、今回は前日の電話で運良く滑り込むことが出来ました。ピッツァはもちろんのこと、店も窯もオーナーも、人気に違わず素晴しいお店でしたよ。
詳しくはこの後の本文でどうぞ!
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
食べログピザ百名店3年連続受賞の湯島の名店「アランジャルシ」にやっと行けました。
席数は16席と少ない上に、新型コロナウィルスの感染防止対策で、4席あるカウンター席を使わず、テーブル席も間隔を開けて案内していたので、この日は僕を含めて3組(5人)で満席という狭き門になっていて、「食事をしたい」と言って電話や来店してくれるお客様をお断りするのは、苦渋の決断だと思います。
店内は落ち着いたウッド調の内装で、1人で訪問した僕以外は落ち着いた感じのカップルが二組。
ディナーメニューは写真のようなラインナップで、7種類のピッツァ、5種類のアンティパスト、5種類のパスタ、3種類のドルチェから選ぶようになっています。
この日の夜は店主の長沢さんが1人で営業していました。
注文してから炭酸水と自家製パンをつまんで長沢さんの仕事ぶりを拝見していました。
前菜メニューの中に載っていたサラダは魚貝のサラダだったので、グリーンサラダが出来るか相談したら快くOKしてくれて、ご覧のようにオリーブオイルとビネガーで和えたシンプルで美味しいサラダを用意してくれました。
長沢さんは大阪の名店「サンタルチア」で修行をして、この湯島の地でピッツェリアを開店したそうです。近所には「ダ・ジョルジョ」や「ファンタジスタ」もありますが、このエリアで最初に薪窯を入れたナポリピッツァの店を開いたのがこの「アランジャルシ」です。
ナポリのジャンニ・アクント社の薪窯が堂々と置かれていて、職人肌の長沢さんの仕事ぶりを拝見するのは実に楽しい時間でした。
窯の中で豪快に焼き上げていく様子も良い感じです。
完成したマリナーラがこちら!
ニンニク、オレガノ、トマトソースのバランスと、生地の塩気が最高ですね。
日清製粉のカメリアを使った、どこか懐かしくて口溶けの良い実に旨い生地です。
しっかりと焼かれているので、小麦の香りと旨味、甘味を感じられ、少し強めに効かせた塩のアクセントがビールやワインにも良く合うピッツァだと思います。
食後にはレモンのソルベとエスプレッソを頂いて、ディナー終了です。
アランジャルシデビューが出来たので、また訪問して他のピッツァも食べてみたいと思います。
Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
アランジャルシ (Arrangiarsi)
電話:03-3812-9616
住所:東京都文京区湯島4-6-17 丸島ビル1F
交通手段
東京メトロ千代田線湯島駅1番出口を出て、春日通りを湯島天神の方向に直進。
湯島天神を左に見ながら曲がった道を少し上がって行った右側。
湯島駅から249m
営業時間
11:30~14:30
18:00~22:30(21:30LO)
定休日:日曜日・第3月曜日
営業時間・定休日は変更となる場合がございますので、ご来店前に店舗にご確認ください。
新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。
予算(口コミ集計)
¥4,000~¥4,999 ¥1,000~¥1,999
支払い方法:カード不可
席数:16席
個室:無
駐車場:無(近くにコインパーキング有)
カウンター席あり
ホームページ
http://arrangiarsi.net/
オープン日:2008年
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.