画像: 温石(焼津)静岡県に、焼津に、サスエ前田さん以外に、もうひとり天才がいることを知った。...

温石(焼津)静岡県に、焼津に、サスエ前田さん以外に、もうひとり天才がいることを知った。...

この投稿をInstagramで見る
温石(焼津) 静岡県に、焼津に、サスエ前田さん以外に、もうひとり天才がいることを知った。 宝のような料理人、そしてお店。 同じ静岡県民として、こんなに誇らしいことはない。 茶室を擁するその空間は、まるで京都のような落ち着きと、軽井沢のような涼しくて良い気が流れていた。 そこに出てくるのは、世界的に注目される焼津サスエ前田さんが、その目利きで選び、仕立てた魚の数々。それが「温石」(おんじゃく)の料理人、杉山さんの腕により、さらなる高みへ。 特に金目鯛の鱗焼きは、この世にこんなに美味い魚料理があったのか、と思う。 焼き物でありながら、煮魚のような風味もあり、サクっとして身はしっとり、ふわりと口の中でほどけていく。香りと旨味が余韻として残り、まるで雑味がない。その煮汁には細かい隠し包丁で仕事された椎茸(藤枝産)を入れ、最後の汁一滴までも楽しむ。 最後は茶懐石らしく、目の前で抹茶を立ててくれる。日本の文化をいただける極上空間。わざわざ東京からここへ来たくなる理由は、そこにあるのだな。 #焼津 #サスエ前田 #本当の幸せ #美味い魚 #金目鯛 #静岡最高 #静岡ランチ
すずきB(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2020年Jul月21日pm1時40分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.