画像: かのふ(恵比寿)安心安全な店に行ってみたシリーズ。まだまだ密な店に行く勇気はないの...

かのふ(恵比寿)安心安全な店に行ってみたシリーズ。まだまだ密な店に行く勇気はないの...

この投稿をInstagramで見る
かのふ(恵比寿) 安心安全な店に行ってみたシリーズ。 まだまだ密な店に行く勇気はないので、 「NO密レストラン」に参画してる、こちらをチョイス。 今回は、恵比寿駅西口を出て線路沿いを目黒方面に坂を上がった先、 亀戸ホルモンのビルの上にある「かのふ」。 この店の店主、香山さんは、食材への熱い情熱を持つ、こだわりの人。 なんといっても蕎麦とお寿司が名物。 実家はお寿司屋さんだった。 また自ら全国各地の天然水を汲みに行き、自家製粉で石臼挽きの十割手打ち蕎麦と、そのお出汁にも使用。 そんな、かのふ。 コロナ対策をちゃんと施し、カウンターは、贅沢にも2名のみだった。 そんな特等席でいただく、香山劇場。 中でも特に印象的だった料理を書いておく。 席にすわり、ビールを飲んでると、いきなり穴子の握り寿司一貫が出てきて心掴まれる。 続いて前菜で出てきたトマトが美味しい。 徳島の「珊瑚樹トマト」。 トマトは、もともと南米アンデス産で、「珊瑚樹茄子」という異称もあり、そこから命名されたようだ。 糖度がすごくて甘くて酸っぱい。 さらに朝どれ玉蜀黍(とうもろこし)のすりながし。 西伊豆の天然水と塩のみで仕上げたとは思えないほど甘く、 とうもろこしの皮を剥いだときの、あの青臭い感じが香り、一口で夏を思わせてくれる。 熱々の茶碗蒸しの奥底には、 利尻の馬糞うにがゴロリと出てきて、 とびきりレアで美味しい日本酒が、ぐびぐび進んでしまう。 (黒龍の干支ボトルなど) 火入れ具合がすばらしい尾崎牛を食べた後は、 いよいよお楽しみの手打ちそば。 今やさまざまな蕎麦屋で見かけるようになった「すだち蕎麦」だが、 その生みの親は実はこの店「かのふ」らしい。 薄くスライスした、美味しいすだちは、雑味のない蕎麦と出汁に いい香りの清涼感を与え、ツルッといくらでも食べられてしまう。 コロナで混み合う店は絶対避けたい昨今。 自分のためのシェフズテーブルのように楽しめる、 かのふのカウンター席は、ぜひとも予約してでも行くべき、 超安心で安全なレストランの1軒だと思う。 #コロナ対策 #密を避ける外食 #日本料理 #コロナに負けるな #コロナフードアクション #NO密レストラン #香山孝宣 #かのふ #恵比寿 NO密レストラン一覧 https://chef-1.com/nomitsu/
すずきB(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2020年Jun月23日am6時45分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.