画像: 「千葉・房総 安房温泉 さざね」

「千葉・房総 安房温泉 さざね」

千葉に行った時に宿泊した宿。
鋸南町に今年オープンしたばかりの「さざね」です。
宿の目の前まで行って気づきました。
はっ...!ここは、以前アバルト124スパイダーの取材で通ったところだ......!!!
通りかかったのは昨年12月でしたが、まだ建築中で、”何か作ってるー?”感覚だったんですよね。
あれが、、さざねとは。
お部屋はたった13室。
すべでスイートタイプで全室露天風呂付。食事は部屋食ではないのですが、こちらも個室で落ち着きます。
露天風呂側に海があり、海がありというか...すぐ下が海で、
天気が良ければ富士山が見える方角です!
ちっこーく富士山見えましたが、写真でわかりますかね。
すぐ下の波の音が良く聞こえる露天&バルコニーでした。
内風呂もちゃんとありました。
バスルームもしっかりした広さで、ダブルベイシンで使いやすいです。
こちらの宿は年齢制限があり、大人の宿として作られているので、基本的にはカップル、夫婦などがターゲットです。
お部屋の中ではライターさんと打合せして過ごした1日でしたが...(^^;)
千葉房総のお土産お菓子を撮影したりしてました。
館山中村屋(なかパン)のロシアケーキ。
これレトロで素朴でめちゃくちゃいい。
亀屋の鯛せんべいはやっぱりかわいい。
泳いでる~
完全パケ買い。
房洋堂の花菜っ娘。
お食事は上述のとおりの個室で。ロビーから奥、海に沿って個室が並んでいます。
食事内容も素晴らしかった。地元のものをたくさん使ってあり、器にも気づかいがありました。
さざね宿泊の日はものすごく荒れた天気の日だったのですが、
次の日は快晴!早起きして朝ごはん。その後またまた取材に出かけます。
朝ごはんも凝りに凝った内容で、スタッフへの負担が気になる...スモーク!
フリースペースはライブラリーにもなっていてお茶の準備もしてあります。
食後のコーヒーなどはこちらで。
都内からのお客様で13室などあっという間でしょうが、ぜひこのコロナの機会に地元の方たちにも行ってもらいたいですし落ち着いたら全国の方にも千葉房総からの富士山を眺めていただきたいです^^
このホテルを運営する紀伊乃国屋グループの宿は、どこの宿も大人っぽくて落ち着きますよ。
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.