画像: ローフードの自炊インドカレー☆

ローフードの自炊インドカレー☆

先日、ローフードのタコミート、ミールキットを利用して作ったのを紹介しましたが、今回はローフードのインドカレーを作りましたよ。 届いた材料は、こちら。 有機ココナツミルク、ミックススパイス(クミン、カレー粉、コリアンダー、ターメリック、チリ、塩)、そして大量の有機カシューナッツ。 火を使わずに作るカレー、どんな風に仕上がるのでしょう。全く見当もつかないまま、レシピ通りに作ってみました。いや、正直混ぜるだけなので、とっても簡単なのですが 大切なのは、カシューナッツを2~3時間水に漬けること。前回はクルミを一晩水につけましたが、理由をBardonのカナエさんに聞いたところ、 『「生」ナッツには植物がもともと持っている「酵素抑制物質」を排除する意味があることと、浸水によって栄養価を高めています。 ナッツはこれから植物になる「種」です。しかし、例えば机の上で発芽してしまえば、土や水が無くそのまま死んでしまいます。そこで発芽に適した条件が整うまで、自分で発芽を抑制しています。 この抑制物質は私達の体には毒とされており、また、浸水によって「あっ!発芽の環境が整った!」と抑制物質を排出します。 加えて、発芽する際にはエネルギーが使われ、栄養価も高まることから、「活性化したナッツ」と呼ばれます。』 とのこと。 なるほど...。発芽玄米はよく聞きますが、ナッツも発芽状態にあるほうが栄養価高いのですね カシューナッツを3時間ほど水に漬けると、水分をたっぷり含み、しっとり重みのある状態に変化してました。 そのあとは、ココナッツミルク、玉ねぎ、スパイス、にんにく、オリーブオイルと一緒にミキサーにかけるだけ。 ボウルに移して、ブロッコリースプラウト、トマトを混ぜてできあがり。 ブロッコリースプラウトも、発芽した新芽なので栄 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.