画像: サローネから究極のパスタが登場!

サローネから究極のパスタが登場!

本日のピックアップフォトは、横浜や東京、大阪で人気のイタリア料理店SALONE(サローネ)グループが、始めたONLINE SHOPで発売中の「サローネ伝統の究極のトマトソースパスタセット(2人前) ¥2,160 (税込)」の1人分です。トマトソースを絡めただけのシンプルなパスタですが、麺とソースのクオリティが高いので最高に旨い!。日本やイタリアで美味しいパスタを食べ歩いてるなかでも別格に美味しいので必ずリピートしたいと思いました。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
SALONE2007は、2016年には食べログ JAPAN RESTAURANT AWARDでイタリアン部門「全国1位」を獲得したり、2019年のパスタワールドカップでは弓削シェフが世界一に輝いたりと、日本を代表するイタリア料理店のひとつです。日比谷の東京ミッドタウンや、青山「イル・テアトリーノ・ダ・サローネ」、大阪「クイントカント」のような高級店や、渋谷「ビオディナミコ」、日本橋「ロット・チェント」のように高級感を残しつつカジュアルなお店まで、色々なスタイルの美味しいお店を展開していますが、今回のコロナウィルスの感染拡大防止による外出自粛で、お店での飲食が激減すると同時に、家庭での食事に困っている人達にサローネのパスタを食べてもらいたいとONLINE SHOPをスタートしました。
今回注文したのは次の2種類!。
※サローネ伝統の究極のトマトソースパスタセット(2人前) ¥2,160 (税込)
※イタリアで5年修業したシェフがつくる究極のミートソースパスタセット(2人前) ¥2,160( 税込)
ソースを温めて、茹でたパスタに絡めるだけと簡単ですが、写真に写っているイラストのように、丁寧な作り方の解説と、美味しく食べるためのポイントが書いてあるので親切だと思いました。
麺は、浅草開化楼のカリスマ製麺師「不死鳥カラス」さんと、サローネ統括料理長樋口敬洋シェフがコラボ開発した、「低加水パスタフレスカ(カラヒグ麺)」。開発当初から食感や小麦の旨味の凄いこの太麺が好き過ぎて、他のレストランでも「カラヒグ麺」を使ってると聞いただけで期待するほどです(笑)。
※サローネ伝統の究極のトマトソースパスタセット(2人前) ¥2,160 (税込)
サローネグループ創業当初から作り続けているトマトソースです。
たっぷりの香味野菜を8時間じっくりと炒めて作るソフリットがベースになっているので、シンプルなトマトソースですが、これまで色々なレストランで食べて来た、トマトのパスタの中でも群を抜いて美味しいと感じました。このクオリティのパスタが家で食べられることに驚きました。
ボリュームも2人で充分な量があるので、足りないんじゃないかなって心配はご無用です。
※イタリアで5年修業したシェフがつくる究極のミートソースパスタセット(2人前) ¥2,160( 税込)
イタリアの子供からお年寄りまで大絶賛したマンマ(母)の味「ミルキー!牛ラグーソース」を、現地で5年修業した永島義国シェフが忠実に再現致しました。
たっぷりの牛肉のラグーソースにミルキーなベシャメルソースを合わせたところが初めての味わい。
茹で上げたパスタを温めたソースに絡めて、仕上げに付属のパルミジャーノ・レッジャーノチーズをかけるだけでレストランで食べるのと変わらないクオリティが再現出来ました。
ゴロゴロの牛肉の旨味とパルミジャーノレッジャーノの味わいが肉好きにはたまりません。
浅草開化楼の低加水パスタフレスカ「カラヒグ麺」がもっちもちでミートソースと良く絡んで最高に旨い。
これ、麺好きの人には是非食べて欲しい究極のお取り寄せパスタですよ。
Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
~ONLINE SHOP:ここから買えますよ♪~
https://autoreserve.com/restaurants/4dA2UtJjJarZnLZ4FaEJ/online_store/
SALONE TOKYO
サローネ トウキョウ
電話:03-6257-3017
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 3F
SALONE 2007
サローネ ドゥエミッレセッテ
電話:045-651-0113
住所:神奈川県横浜市中区山下町36-1 B1F
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.