画像: うぶか(四谷三丁目)名店のテイクアウト(※会員限定)。北参道倶楽部という、会員制美食...

うぶか(四谷三丁目)名店のテイクアウト(※会員限定)。北参道倶楽部という、会員制美食...

この投稿をInstagramで見る
うぶか(四谷三丁目) 名店のテイクアウト(※会員限定)。 北参道倶楽部という、会員制美食サロンを運営しているのだが、 https://chef-1.com/kitasandoclub/\n月2回、有名シェフとのイベントを開催してきたのだが、 コロナのため、今後予定してた全てが中止に。 飲食店業界のみなさんが、いま悲鳴をあげている。 お店の支援、我々で何かできないか。\nと同時に会員向けにも何かできないか。 その1つ、会員限定の豪華1万円テイクアウト弁当を提案。 受注生産でロスも出ない形で。 シェフも大変喜んでくれた。 第一弾、肉料理の「クロッサムモリタ」に続き、 第二弾は、蟹料理の名店「うぶか」。 店主(※)の蟹や海老への情熱がすごい。 鰻に命がけな鰻屋の大将の顔が鰻に見えてくるという話を聞いた事があるが、この店の店主加藤さんは、蟹への思いが熱すぎて、だんだん蟹に見えてくる、そんな人(笑) https://ameblo.jp/suzukib/entry-12441472656.html 「うぶか」の豪華1万円弁当。 これがお店の支援になるなら安いもの。 最後の1つを僕もオーダーし、テイクアウト。 すごい。 風呂敷をほどくと、 2段の木製のお重だ。 開けると、1段目は、 天然ふぐの唐揚げ、海老フライ、白子筍、ホタルイカ、などなど、いろんな前菜系がつまっている。 そして2段目にビックリ。 猛者海老、シマ海老、車海老、大猿候蟹、針いばら蟹、毛ガニ、せいこ蟹、たらば蟹、いばら蟹、大間のウニ。 加藤さんが極める、蟹と海老づくし。 蟹は、身をほぐす作業が大変。 蟹好きな僕には、夢のような弁当だ。 丁寧にほぐしてあり、毛ガニの蟹味噌と身と、、、 せいこ蟹の内子と外子(卵)と、、、 一人では食べきれないほどの量で、大満足。 さらに、天然フグとタラバ蟹 フカヒレスープが秀逸だった。 フグのゼラチンで固めてあり、レンチンすると溶けてスープに。 これも美味しかった。 そして、どなたでもテイクアウトできる蟹カレー(サラダ付き)2000円も美味しそう。\nhttps://lifemagazine.yahoo.co.jp/articles/35060\nこちらも近日、テイクアウト予定。 #名店のテイクアウト #ステイホーム #豪華弁当 #コロナに負けるな #人気店のテイクアウト #コロナフードアクション #北参道倶楽部 ※加藤邦彦 「海老や蟹が大好きで」そんな明快な理由で【かに道楽】に入社し、料理人としてのキャリアをスタート。その後和食の基礎を学ぶために京都の料亭で3年半の修業を積み、ニュージーランドでは天然海老を扱う日本料理店で3年間腕を磨いた。帰国後は、新宿の中国料理店【レンゲ】で2年半を過ごす。【うぶか】のオープンは2012年。日本料理を基礎にしながらも、時に大胆な調理法で甲殻類の魅力を引き出す。
すずきB(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2020年Apr月23日pm7時24分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.