画像: 金星の餃子(群馬)人気のお取り寄せ餃子。先日、「マツコの知らない世界」に知り合いの餃...

金星の餃子(群馬)人気のお取り寄せ餃子。先日、「マツコの知らない世界」に知り合いの餃...

この投稿をInstagramで見る
金星の餃子(群馬) 人気のお取り寄せ餃子。 先日、「マツコの知らない世界」に知り合いの餃子マニア、 小野寺力・いつか夫妻が出ていた。 日本中の、ありとあらゆる、 美味しい「お取り寄せ餃子」を紹介していたのだが、 最も印象的だったのが、 誰でも簡単にできる、餃子が100倍美味しくなる焼き方だ。 なるほど、なるほど。 さすが、餃子マニア夫婦、説得力がある。 作り方をメモ。 そして、その時に焼いていたお取り寄せ餃子が、 とっても美味しそうだった。 群馬県太田市の「金星食品」の餃子。 しそ味などいろいろあったが、プレーンなやつを、 早速ネットでオーダー。(40個入り1600円を2袋) 今日、それが届いたので、早速、昼飯で作ってみる。 冷凍したものを、そのまま使う。 1.フライパンを中火でしっかり熱する(予熱が重要!) ※フライパンに少し水たらし、泡になって蒸発するくらいまで熱くなったら予熱完了! 2.油はたっぷりと入れ、いったん火を止める(ここ大事!) ※火をつけっぱなしだと熱くなりすぎるし、焦って並べてしまうし、焼きムラも出る ※米油はサラダ油に比べてサラッと焼き上がり、胸焼けしにくい(と言ってたがサラダ油でやった) ※最初に油多めにすれば、後から追加する必要なし、カリッと焼ける 3.餃子の平面に油をしっかり付けながら円形に並べる(20個) ※これをやると焦げにくいし、安定 ※円形に並べると、後でゆすったときに形が崩れにくい 4.150ccのお湯をまわし入れる(水でなくお湯なのがポイント!) ※水だとフライパンの温度を下げるため 5.蓋をして強火で焼く(およそ5分が目安) ※餃子を入れて蓋をしてから火をつけることで、油跳ねを防げる 6.蓋をしたまま、途中で左右にフライパンをゆする。 ※焦げ付き防止、あとで綺麗にがれやすくなる 7.油のはねる音が「パチパチ」となり、餃子の皮が半透明になってきたらフタを開ける 8.ある程度水分を飛ばし、餃子の角の部分が茶色くなってきたら完成! ※時間よりも、この見極め大事 9.盛り付け前に、油を切って皿をのせ、ひっくりかえして完成 ※僕は最後に、ごま油をさっと回しかけて香りづけする沼津餃子風に仕上げた。(これ、正解) ふだん料理なんてしない僕でも、初めてで綺麗に焼けた。 この焼き方、最強だ。 ほどよく焦げてるのがいい。 そして味見。 何もつけずに一口。 おお、これは美味い! キャベツとひき肉、ニンニクなど、具もいたってオーソドックスなのに、 なぜ美味しいのか。 皮の厚さともっちり感、具の量がベストバランス。 歯で噛み切って、ボロボロにならない安定感。 そして何より、美味しく焼けたから。 つまり、お取り寄せ餃子を生かすも殺すも、焼き方次第。 この焼き方さえ心得れば、どんな餃子もそこそこ美味しく出来る気がする。 最後のごま油もオススメ! #通販 #餃子 #お取り寄せ #自宅での過ごし方 #マツコの知らない世界 #お取り寄せ餃子 #金星食品
すずきB(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2020年Apr月17日pm2時53分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.