画像: 高知の酒蔵巡り

高知の酒蔵巡り

今回の高知酒蔵巡り、ご一緒したのは、同じ土佐酒セミナーで航空券をゲットした足立由美さん、そして一日車でご案内くださった、高知県工業技術センターの上東治彦先生。安岡酒店BLUESに伺ったあとは...なんと、酒蔵を5蔵巡りましたよまずは亀泉酒造。2か月ぶりの再訪ですが、西原会長のお元気な姿を拝見できました。高知には18蔵ありますが、各蔵の酒造りデータを全て共有している、というのも高知酒蔵の特徴の一つ。この日も、上東先生がその分析した資料を各蔵に渡すということで、ちらっと亀泉酒造にも寄りましたが、ちょうど瓶詰をしていました。そして、また少し試飲もさせていただきましたよ。穏やかな西原会長の説明を聞きながらの試飲、楽しいひとときでした...。今回も有難うございましたそして2蔵目は酔鯨酒蔵。こちらも2か月ぶりの訪問。テイスティングルームにちらりと伺いましたが、やはり素敵な空間ですね...。前回は、造りも丁寧にご案内くださり、試飲に加え、酒粕ソフトクリームやドリンクもいただきました。子連れでも楽しめるように、との工夫ですが、これから更に新たな建物を建てる計画もあり、益々楽しみな酒蔵です。そして3蔵目は、久礼を醸す、西岡酒造店。西岡大介社長がご案内くださいました。すぐ近くには、久礼大正町市場があり、海のすぐそばで獲れたての鰹がいただける食堂も沢山あり、多くの観光客でにぎわいます。現在500石ほど造られていますが、うち県外での需要が7割と多め。「久礼」は県外の飲食店用や地元向けとして、「純平」は地元向けに造られています。これまで蔵人として西岡酒造店にいらした方が、今年から杜氏として造られています。1781年創業で、創業当時からそのまま、地震にも耐えた建物もあるんですよ。この壁に使われている竹は、まさに250年ほど前のものだそう。竹ってこんなに丈夫だったんですね...。土に覆われている竹は、まだ緑がかっているというから驚きです。戦争中、お酒が造れなかったときは、もろみ蔵で映画を上映していたそうですよ。この絵は、昔の酒蔵のPRポスター。歴史を感じます...。試飲も色々させていただきました。地元の料理(鰹)に合う酒を目指し、この土地の雰囲気を含めて地酒、久礼を表現したい、と西岡社長。東京でも人気銘柄の一つですが、今後は久礼の土地の空気感を思い出しながらいただきたいな...と思います。 西岡社長が着ている、久礼オリジナルTシャツが面白いお忙しい中、ご案内いただき有難うございました。そのあとは、「桃太郎」を醸す文本酒造へ。こちらでは、上東先生が資料を蔵にお渡しするだけで立ち寄ったのですが、文本憲助社長がいらしたので、少しお話伺うことに。朝一で、安岡酒 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.