画像: ボルト(神楽坂)仲田高広シェフは柔軟な人だなと思う。コースでなくアラカルト。と聞く...

ボルト(神楽坂)仲田高広シェフは柔軟な人だなと思う。コースでなくアラカルト。と聞く...

この投稿をInstagramで見る
ボルト(神楽坂) 仲田高広シェフは柔軟な人だなと思う。 コースでなくアラカルト。 と聞くと、頼むのが難しそう、と思う人もいるが、 ここのメニューはとってもわかりやすく、お値段もお手頃。 「20代〜40代が自腹で週2〜3回くらい通えるお値段で、 フレンチをよく知らない人でも普段使いできる店を作りたかったんです」 と答えていたのを見たことがある。 店名にちなみ、箸置きに本物のボルトがw 要所要所をきちんと締める=ボルトな料理と言われてる。 ブルータス酒場特集で見て以来、ずっと気になってた。 パプリカと卵黄のオレンジつながりな色彩も美しいホワイトアスパラや、 歯ごたえと香りがいいマグレ鴨も素晴らしかったが、 とにかく〆メニューに心が踊る。 あれこれ食べたいが、 スープポワソンカレーにした。\n\n食べた瞬間、甲殻類で出汁を取ってるのだと思ったが、 聞けば、お魚のホウボウから。 ホウボウは海老などを食べてるから、 結果的には海老風味なのだが、 海老出汁ほど強烈ではない優しさがあり、 遠くから海がやってくる。 口当たりの滑らかさは、 さすが、#マルディグラ #レスプリミタニ などのフレンチで腕を磨いただけある。 タイ米とよく絡む。 何杯でもおかわりしたい。 ボルトの〆に、まさに、ギュッと締められたw #クレームブリュレ #フェンネル など、ハーブが練り込まれてるのが素晴らしかった #見城徹 #秋元康 #木村郁美アナ など、多くのグルメ著名人もお気に入り
すずきB(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2020年Mar月22日am8時41分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.