画像: やきとり児玉(三宿)昨今の焼き鳥ブーム。それをリードする焼き鳥先輩たちに、なんとか食...

やきとり児玉(三宿)昨今の焼き鳥ブーム。それをリードする焼き鳥先輩たちに、なんとか食...

この投稿をInstagramで見る
やきとり児玉(三宿) 昨今の焼き鳥ブーム。 それをリードする焼き鳥先輩たちに、なんとか食らいついてこうと必死のパッチ(笑)。 多くの焼き鳥先輩たちも言うように、今、とにかくハイレベル焼き鳥が増えている。 だが素材は鶏なのでそこまでお高くないのも良い。 鳥さわや七鳥目もなかなか予約が取れないが、憧れの瑛輝にいたっては、毎月20日や、当日遅い時間にどんだけ電話しても、いまだ一度も取れたことがない(笑)。 行けてる焼き鳥先輩が、ただただ羨ましい。 そんな中、焼き鳥先輩もオススメの「児玉」である。武蔵小山「まさ吉」でミシュランのビブグルマンを取り続け、〆の鶏だしラーメンも話題となった、あの腕利き大将、児玉さんが、今度は三宿の広めのハコで新店舗をオープンしてた。 キンカントリュフは、口の中で破裂する幸せ。アボカドささみが、なんと山葵と合うことか。 ハラミ、つなぎなどの希少部位の品揃えも素晴らしい。レバーとハツの間のつなぎは一串で2度美味しい贅沢部位。甘辛タレにくるまれたそれに山椒を散らして、ひと串七羽分のレア部位をありがたくいただく。 そり、もも肉、トマト、山芋なども、とにかく美味い。 新潟出身とあって栃尾の油揚げ。地元で人気の「星長豆腐店」の逸品。 〆の玉子サンドのパンは、焼き台の網で香ばしく仕上げ、得意の鶏だしラーメン、かけそばも健在だ。 都心から遠目な大人エリア三宿。お値段お安く、予約も比較的取れるので、最高だ。 もはや2万回電話して入れない瑛輝の席を取ることはどうでも良くなるほど、この店にハマってしまいそうだ(笑) #焼き鳥屋のラーメン #玉子サンド #穴場 #三宿
すずきB(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2020年Mar月13日pm10時20分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.