画像: 東京酒蔵巡り視察ツアー2日目

東京酒蔵巡り視察ツアー2日目

東京酒蔵巡り視察ツアー2日目、 まずは、環境省 奥多摩自然保護官事務所の方より、秩父多摩甲斐国立公園についてのレクチャーがありました。東京にも、国立公園に指定されている自然があったとは...。都内で本格的な自然を感じられる場所があることを再認識。 そのあとは、青梅梅林へ。 立派な公園ですが、現在は整備中で入口まで。 時期的に、蝋梅が綺麗に咲いていました。 お土産屋さんも2店舗ほど。梅干しや梅を使用したお菓子など、色々販売されていました。 そして、そのあとは酒蔵を3蔵巡りましたが、全てご親戚だとのこと! まずは、澤乃井を醸す、小澤酒造。HPはこちら 入口横の立派なかやぶき屋根、現在こちらで小澤家の皆様住んでおられるのだそう! 小澤幹夫社長より、酒蔵の歴史など伺い、中へ。 熟成古酒も、ずらっと並んでいました。 1年経つごとに100円アップしていくとのこと。(もっと付加価値つけてよい気もしますが...!) そして、仕込み水に使われている井戸も拝見しましたが、石垣の洞窟の中にあるんですね。 水を大切にされている様子が伝わってきます。 小澤酒造さん、どこまで敷地かよく分からず(笑)とにかく広くて、川が流れてたり、吊り橋があったり...。まるで公園のよう。 レストランやお土産屋、利き酒コーナーなどもあり、ゆっくり時間を過ごせますよ。 我々もお昼はこちらのお店で、豆腐や湯葉など中心としたヘルシーなお料理いただきました。 利き酒コーナーは、一杯頼めば持ち帰りできるお猪口がついてきて、2杯目からは100円引き。お得ですね... 私は300年杉の木桶仕込みと、きもと造りの2種類をいただきました。 充分に澤乃井を満喫したあと、嘉泉を醸す、田村酒造場へ。HPはこちら 文政5年創業です。こちらも、なんと老舗の酒蔵らしい、歴史的な建物の数 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.