画像: 4月からはじまる「世田谷体験農園」に行ってきました。

4月からはじまる「世田谷体験農園」に行ってきました。

4月からはじまる「世田谷体験農園」に行ってきました。
都市には「生産緑地」といって、宅地並み課税だと相続が大変なので、
農地は別の税制にして、都市農地を残そうという法律があります。
そこに指定されているのが、生産緑地。
そのおかげで大都会、東京の世田谷の住宅地のど真ん中で、先祖代々の農業が続けられるのです。
とはいえ、都市の農家も後継者がついでくれないことには、維持が大変です。
そこでJA世田谷目黒がいよいよ「体験農園」をはじめるのです。
これまでも生産者が個人で畑を体験農園にしている例はありましたが、
都市農業、東京農業を守る策としてJA自ら運営に乗り出したのです。
ご近所のよしみでわたしも4月から応援PRを兼ねて耕すことになりました~!
やったー!
大蔵だいこん(江戸東京野菜)、とったどー!
農家の早川さんはこの道60年(ぐらい?)の大ベテラン!
ご近所さんは早川さんの野菜じゃなくちゃだめというファンが多いそうです。
長年営農されてきましたが、お年のこともあり1人では大変なので、体験農園をはじめることにしたのです。
もちろん畑の一部では耕作を続けるので、
プロの農家の技やコツを習ったり、教わったりしながら市民・区民が野菜づくりが楽しめます。
泥ネギどーーん!
古代エジプトから続いたエンドウ豆!
ツタンカーメンのえんどう豆
大蔵だいこんの菜の花をいただきましたー!ね!こんなんなんぼあってもいいですからね~。んね!
大根の方は、だいぶ、とうが立っているのでおいしくないよと言われましたが、
だめもとでもらってきましたー!
わたしも市民農園からは長らく遠ざかり、
このところベランダ菜園しかやってこなかったので、一から野菜づくりを学び直しま~す。
早川さんはおしゃべりも楽しくおもしろいおとうさん!
いろいろお話伺うのも楽しみー!
つくる喜びを取り戻そう
#食べものをつくる
#野菜はつくる
詳細は、#JA世田谷目黒 まで~。
#早川農園!!️
#等々力
#世田谷農業
#玉堤
#玉堤小学校の近くです @ Tamazutsumi
ベジアナ・野菜つくります あゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.