画像: 『音と酒と朗読とvol.2』主催

『音と酒と朗読とvol.2』主催

2月の3連休、池尻大橋にあるカフェバー「MIEL」にて、『音と酒と朗読とvol.2』を主催しました。 今回もミュージシャンの丸山茂樹さんとのコラボで、前半は、普段お酒もご一緒させていただいている、角田光代さんのエッセイ「今日もごちそうさまでした」より、しらたき、ごぼう、白菜をテーマにしたエッセイを朗読、 そこで出てくる様々なお料理をストーリー仕立てで想像しながら脳内で味覚化し、「〆張鶴 雪」を飲み、ペアリングしていただく。 そこに丸山さんが即興で音楽を演出することで背景がより浮き上がる...。 角田さんのチャーミングで、ほっこり、愛ある言葉が紡がれた物語とともに、ゆったりとした時間をお楽しみいただきました。 合間に小話も挟みつつ、後半は、丸山さんの楽曲「花ろっじ」を朗読化。 二人とも兵庫県出身ということもあり、阪神淡路大震災で被災後も、パワフルに生きているおばあちゃんとの出会い、ストーリーを朗読し、そのまま丸山さんの歌へと繋げます。 この時は、姫路市の田中酒造場のお酒、野条穂を使用した白鷺の城 喜縁の新酒を飲みながら聴いていただきました。 そのあとは、参加者の皆様と交流タイム。 角田光代さんのエッセイに出てきたお料理、「しらたきとたらこの炒め物」、「八幡巻き」、「白菜漬け」もご用意。 脳内調味とリアルとで違いがあるのか?!も体感しつつ、日本酒も。 天寶一の地域限定酒、ツバキアンナさんラベルの、広島県福山市内 飲食店限定日本酒もお送りくださったので、特別にお出ししました。 ちなみに、白菜のエッセイでは、角田さんのお父様への思い出が語られる内容 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.