画像: 高知の酒蔵巡り 1日目

高知の酒蔵巡り 1日目

先日高知へ飛び、3日間で11蔵を巡りました。その模様をお伝えしますね。初日は朝9時に高知空港集合!そこから車で向かう道中、なんともありがたいことに、高知県工業技術センターの上東治彦先生が同行、高知の日本酒についてレクチャーくださいました。上東先生は高知酵母を開発したり、高知の全酒蔵の技術指導を長年に渡りされている、土佐酒を一番知る方。味わいの特徴、酒米や酵母のことなど...。普段から高知の蔵元とお話させていただきながら、高知蔵の強い結束を感じていましたが、全蔵の造りのデータを互いにシェアし合っている、というお話には驚きました。1蔵目に伺ったのは、土佐鶴酒造。精米蔵含み4棟あり、現在14000石ほどの量を造っています。全量自家精米で、7台の精米機が並んでいる光景は圧巻でした。総杜氏長である、広島杜氏の池田健司さんの指導のもと、緊張感ある現場で妥協のない酒造りがなされています。色々なお酒を試飲させていただきましたが、どれも美味しいですが、中でも私のお気に入りは海洋深層水で仕込んだ吟醸アジュール。柔らかい口当たりで、スーッと何の違和感もなく入ってくる優しい味わいが心地よくて、スイスイ杯が進んでしまいました...。紙袋やボトルデザインが統一されていて、オシャレですね。続いては、土佐鶴酒造から車で5分ほどの距離にある南酒造場へ。28歳の南 知 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.