画像: 第8回酒サムライディナー 主催

第8回酒サムライディナー 主催

11月17日、第8回酒サムライディナー、主催しました。 毎年1回、神宮前にあるフレンチ、KEISUKE MATSUSHIMAにて、同じ酒サムライの松嶋啓介シェフと一緒に、県を決め、その県の日本酒と食材を使ったお料理のペアリングを楽しんでいただく、というもの。 今年は広島県をテーマに、西条にある賀茂泉の賀茂泉酒造 前垣社長(会の時点では副社長)、竹原にある龍勢の藤井酒造 藤井社長、呉にある華鳩の榎酒造 榎社長にお越しいただきました。 広島酒全体の特徴を始め、各蔵の歴史や地域性、こだわりなどじっくりお話伺いつつ...。 酒サムライを運営している、日本酒造青年協議会 会長でもある、前垣さんのご発声、純米大吟醸 壽で乾杯 事前に試飲をしながら打ち合わせをし、そこからのインスピレーションから生まれた松嶋シェフのお料理。 それぞれのお酒にもよく合いました 昨年から極力塩を使わず、食材そのものに含まれている塩味を、じっくり時間をかけて調理することで引き出しながらフレンチに仕立てていく、完成度の高いお料理の数々に脱帽 松嶋シェフも試行錯誤しながら...というお話でしたが、昨年に比べて明らかに味わいにメリハリがあり、旨味もしっかり感じられて確実に進 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.