画像: INUA@飯田橋

INUA@飯田橋

飯田橋にあるフレンチ、INUA(イヌア)へ。先日発表されたミシュラン東京2020では、星2つ獲得、おめでとうございますミシュランのお祝いということで、一杯目のシャンパンはお店からのお心遣い。トーマス・フレベル シェフは「世界ベストレストラン50」で4度もNo.1になった 、デンマーク「NOMA」から、姉妹店のINUAが昨年オープンするにあたり、来日。そして、現在放映されているTBSのドラマ「グランメゾン東京」で、尾上菊之助さんがシェフとして演じているレストラン 「gaku」の料理監修もされています。以前から一度伺いたかったお店だったのですが、ドラマ放映のタイミングも重なり、期待値もアップ!時間を見つけては、シェフやスタッフと日本全国を巡り、食材探しの旅をされているとのこと。食材と向き合い、時間をかけて、存分にその美味しさを引き出す調理法を研究されているのが伝わってくる、一皿、一皿。例えば、舞茸は5日間発酵させたあと、桜の薪で3日間いぶしています。舞茸のコリッとした食感も楽しく、この旨味たっぷりなスープがたまらない...。体が喜ぶ滋味深い味わいで、全部飲み干しました。高知の文旦は、七味と昆布のオイルで...。香り、酸味、旨味、食感...絶妙のバランスで一つにまとまりながらも、これまでに頂いたことがないような、新しい味わいに感動アルコールは、ペアリングでいただきました。日本酒も2種類、入っていましたよ!まるで絵画のような一皿!タラバガニに白トリュフがたっぷり...枝豆のシチューには、長命草やガーリックフラワーなどのハーブをくぐらせて香りづけ。ドクダミも入っているとのこと。土鍋で出てきたのは、きのこの醤油を使った、ななつぼしの炊き込みご飯、ブナの実やナッツの香ばしい食感がたまりません!鹿肉は勿論美味しいのですが、エノキの茎をこんなに美味しく食べさせてくれるだなんて麦麹を使用したキャラメルアイスに、桜の木の香りをつけた米油、そして松ぼっくり!スタッフ皆で摘みに行き、何 ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.