画像: 食べログ神奈川県No.1のイタリアンSALONE2007に初訪問!

食べログ神奈川県No.1のイタリアンSALONE2007に初訪問!

本日のピックアップフォトは、日本のイタリア料理界に色々な影響を与え続けている、サローネグループの旗艦店「SALONE2007」で提供された、「Penne Gorgonzola Profumo Giapponese(ペンネ・ゴルゴンゾーラ・プロフーモ・ジャッポネーゼ)」です。2019年10月10日(木)・11日(金)にフランス、パリで開催されたパスタ界のワールドカップ「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ(PWC) 2019」で、世界中から集まった精鋭シェフと競い合い、大会テーマである「The Art of Pasta」を体現するため、「酒、山椒、ゆず」など、日本のエッセンスやアロマを使用して優勝したチャンピオンパスタですよ。
「SALONE2007」は、食べログ点数では、現在神奈川県No.1のイタリアンレストランです。
Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
食べログ評価点で、現在神奈川県No.1のイタリア料理店「SALONE2007」は、2007年の開店以来、予約が取れない店として話題になり、食べログでも常に上位にランキングされるリストランテです。
2016年には食べログ JAPAN RESTAURANT AWARDでイタリアン部門「全国1位」を獲得しました。
エレガントかつ華やいだ空間のなか、イタリアの星付きリストランテと肩を並べるレベルのお料理とワインで、記憶に残る特別なひとときを過ごせること間違いなし。
初めの一皿は、サローネ開店当初からのスペシャリテ「A5サーロインのスピエディーノ」です。
スピエディーノとは肉や魚の串焼きのことですが、こちらの場合はトリュフ風味のマッシュポテトを柔らかなサーロインで包んで一口で食べられるように「串」に刺して提供されます。ステーキやタリアータの付け合わせにポレンタやマッシュポテトを添える料理を、スターターとして一口サイズで提供される料理です。
サローネは、お皿が運ばれる度に思わず「おー」と声が出る美しさ、次の皿は「秋」を感じさせるアートな作品に仕上がっています。
馬肉を中心に、マッシュルームをマリネ、ロースト、フリットにしたもの。ポルチーニ茸はピューレとパウダーで、アマランサスは秋の名刹の庭のように盛り付けされた、秋を感じさせてくれる一皿でした。
乾杯のシャンパーニュは、「リシャール・シュルラン」 のネゴシアンブランドで、ピノ・ノワール70%・シャルドネ30%という果実味がありながらキリッとしたシャンパーニュ。
次の赤ワインはピエモンテの「ランゲネッビオーロ DOC 2009」。
白ワインは人気のオレンジワイン、「エリージョ・ビアンコ 2015 マリア・ボルトロッティ」。
どのワインも美味しかったので、ブログを使った備忘録です(笑)。
ここで自家製パンが出てきて皆さんには岩中豚バラ肉のストゥファートと豚皮のフリット、紅玉のピューレとソテー、ホワイトセロリ、菜の花の蜂蜜ソースが出てきました。
次に僕には仔羊もも肉のストゥッファートで、カッスーラ風キャベツとパンチェッタの煮込み、白インゲン、フォンティーナチーズが出てきました。
パーチナ2013:抜群の飲み心地の良さを誇る自然派トスカーナ。
ソンニョ・ディ・バッコ[2017]トリンケーロ:トリンケーロのバルベーラは、バローロ、バルバレスコに比肩する、ピエモンテを代表する偉大なワインです。
次に僕に出てきたのは、ジャガイモのニョッキにカラブリアの郷土料理モルツェドゥをアレンジしたものとパプリカのピューレ、ローズマリーオイルです。カラブリアでも食べてきた料理なので嬉しかったです。現地では手を汚しながら、パンをたっぷり浸して食べる濃厚なモツのトマトスープのよう印象でしたが、洗練されていてとっても美味しい一皿でした。
他の皆さんには同じニョッキでもイカ墨とカルチョーフィ(アーティチョーク)を使ったソースでした。
アブルッツォ「デ フェルモ」のモンテプルチアーノ ダブルッツォ コンクレーテ 2017
トスカーナ「ラ・チェレータ」が作るリオ・デ・メッシ
次の皿は、牛肉ラグーのラザーニャで、ビーツのソースとビーツの赤がとても綺麗なお皿です。
アクセントに甘い薫りのするハーブ、マジョラムをあしらっているところが良いですね。
キャンティ・コッリ・セネージ バルカイオーロ
サローネが山形で作っているワイン「グレープリパブリック」のロッソ2018
次はトップの画像でも紹介した、パスタワールドチャンピオンシップ2019で優勝したパスタです。
合わせて用意されたグラスに注がれているのは「磐城壽 本みりん 黄金蜜酒 by鈴木酒造店」です。
イタリアでもポピュラーな「ペンネ・ゴルゴンゾーラ」をベースに、弓削シェフの感性で日本の味を演出した一皿だそうです。ソースには牡蛎、ほうれん草、ゴルゴンゾーラチーズ、基峰鶴Velvet純米吟醸生、辻田さんの朝倉山椒、柚子の皮という日本的な食材を使ったソースです。
ゴルゴンゾーラチーズの香りと最高級の山椒の香りに、日本酒や柚子の香りを組み合わせたソースは、日本の食材まで研究している弓削シェフだからこその一品ですね。
セコンドは蓋付きのお皿で出てくるので期待感が上がりますね。
セコンド(メイン)は蝦夷鹿のロースト 赤玉葱のマルメラータ、クランベリータルティーボ。
ソースには鹿のジュを使い、グリーンペッパーやラディッキオのソテー、クランベリーソース、赤玉葱のマルメラータ(ジャム)等を付けながら味変をして楽しめる趣向です。
トスカーナの「ポデーレ・レ・ボンチエ」のレ・トラーメ 2014
食後酒はリグーリアの赤のパッシート「ラ リナシタ ポッサ(ボナニーニ サムエーレ ハイディ)でした。
ドルチェは柿とスパイスビーニャ
柿や柿のジェラート、アマゾンカカオのチョコソース、スパイス香るディプロマットクリームのシューの周りには、カルダモンパウダー、黒胡椒、ライムといった味変が隠れていて、食べながら香りや味わいの変化を楽しめるドルチェでした。
小菓子とエスプレッソでディナー終了です。
サローネグループの旗艦店、やっと訪問出来ました。
この世界感は、ここでなければ食べられない素晴らしいフルコースだと思いました。
今回ご一緒した皆さんと、弓削シェフ、サービスしていただいたソムリエさんも一緒に記念撮影です。
ご馳走様でした、また伺いたいと思いました。
Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
SALONE 2007
サローネ ドゥエミッレセッテ
電話番号:045-651-0113
住所:神奈川県横浜市中区山下町36-1 B1F
交通手段
みなとみらい線「元町・中華街」駅4番出口より徒歩約1分
JR京浜東北線・根岸線「石川町」駅元町口より徒歩約13分
首都高速「横浜公園」出口より約3分
営業時間
12:00~13:00(L.O) 15:00CLOSE
18:00~20:00(L.O) 22:30CLOSE
日曜営業
定休日:無休
予算
¥20,000~¥29,999 ¥6,000~¥7,999
支払い方法:カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
電子マネー不可
サービス料10%
席数:38席(テーブル32席、個室1部屋(最大6席))
個室:有(2人可、4人可、6人可)
*個室の御利用はディナーのみ、お電話にて承ります*
貸切:可(20人~50人可)
完全禁煙
駐車場:無
お子様連れ:18歳未満のお子様は不可
ドレスコード
短パン・サンダル等極端にカジュアルな服装での来店は不可。
ホームページ
http://salone2007.com/
オープン日:2007年
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.