画像: 園芸福祉士の講座で名古屋港ワイルドフラワーガーデンへ

園芸福祉士の講座で名古屋港ワイルドフラワーガーデンへ

名古屋港にあるワイルドフラワーガーデン!
ブルーボネットにやって来ましたー!!️
園芸福祉士の養成講座を、昨日と今日の2日間受けてきたのです
(全部で4日間)
園芸福祉入門
園芸福祉とは、
「仲間をつくり、草花を育て、みんなで幸せになろう」という、すばらしくハッピーでいいことづくめの社会・地域づくりを目標に掲げる活動です
おまけ
名古屋に来たからにはきしめんだわー
つるつる
おいしかったです
フラワーガーデンの中には日本の農村を紹介するミニチュアも
中には池があり、水草も和みます
楽しく充実した2日間でしたー!
いちばん楽しかったのは、実際に、仮想コミュニティガーデンを作る計画を立てるワークショップ!!️
実際に、300坪(1000平米)の土地の運営を任せられたら、あなたならどうする!?
事業計画を立て、目的や仲間や必要なスキル、予算やお金の出どころまで考えて、コミュニティガーデンの運営事務局になったつもりで夢を描きました!
わたし達は3人のチームで、3人の抱えている課題を盛り込み、(実際、親や家族の介護中の方がいた)介護される方も、している家族も双方が、癒せる、しかも創造性のある居場所づくりを考えました。
農地の所有者が高齢(78歳)自身では営農できなくなり、なんとかしてくれんかねと言われたと想定。
でも、まだ農作業自体は達者なので、大いに力や農機具も借りながら運営。
賛同する仲間がどんどん集まってくる、一億総活躍型ガーデン。
高齢者も障害者も、その家族も子どもも、また心の病や、孤立しがちな人も、みんな巻き込んでフェアに共同作業することでコミュニケーション。
作業した分だけ、野菜や草花など収穫物があれば持ち帰れる地域通貨ならぬ、ご褒美のヤサイ通貨!
働けば、得られる仕組みで自発性をかき立て、
その輪やウワサが近隣にまで広がって農園のある地域全体にやる気や愛着が芽生えるハッピー循環!
活動(コミュニティ農園)の名前は、「みんなでつくるガーデン〜このゆびと〜まれ!!️〜バリアフリーだョ♡」と、入れたいこと全部盛り込みました^_^
ああ〜。楽しかったー。
10万出資するから、これやろう!と言い出す人も出てきて本当に実現したらすてきだろうな〜と思いました。
バーチャルでも、
計画立てるって楽しいですね!
園芸福祉士の魅力をたくさん学べた2日間でした。
名古屋のみなさん、ありがとうございました
仕事の都合で、
東京会場で、4日間受けることができず、
2日間だけ名古屋でした。
でも思いを同じくする仲間ができて嬉しく楽しかったー❣️
初級園芸福祉士の資格試験は来年2月にあります。
まずは試験がんばらなくちゃねー
帰りの新幹線より
ベジアナ 園芸福祉士たまごあゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.