画像: 呂者堂(ろばた)@銀座

呂者堂(ろばた)@銀座

11月1日にオープンした、銀座にある呂者堂(ろばた)へ。こちらは、伊勢海老を美味しくいただけるお店なんです。裏路地に入ると、ぽつんと明かりがあるのが目印。えっ、こんなところに...?!と思いつつ2階に上がると、囲炉裏を囲むカウンターのみの素敵な和の空間が広がっていました。とにかく、伊藤大輔社長の伊勢海老愛が凄いんです「こんなに伊勢海老に向き合う人生になるとは思わなかった」と仰るほどに、三重県の伊勢海老漁師さんのところに通いつめ、酒を飲みかわし、信頼関係を築いて、常に最高の伊勢海老を届けてくれるように。お酒は、日本酒、焼酎、ワイン、ウィスキーと国産のものを色々取り揃えてあります。まずは、山形県の高畑ワイナリー、スパークリングシャルドネ「嘉(Yoshi)」で乾杯上品な果実味と爽やかな酸味で、キリリとした飲み口が一杯目に心地よく...。前菜寸は4種類牡蠣と春菊のお浸し、炭火焼き芋ぽてとさらだ、伊勢海老出汁の茶わん蒸し、蒸しあん肝 蜜柑ポン酢和え一品一品、丁寧に作っておられるのが伝わってくる、上質な味わい。茶碗蒸しは、驚くほどに伊勢海老の出汁が効いていて、なんとも贅沢...こちらも、丁寧に大量の伊勢海老の殻から出汁をとっているので、作れる量は限られるのだそう。貴重な茶碗蒸しをいただきました...。料理長の佐藤店主からも、メニュー解説をいただきました。伊勢海老と旬鮮魚のお造りは、全て三重から取り寄せています。シマアジ、カンパチ、真鯛、石鯛。ぷりぷりの食感がなんとも言えませんね...。器もとても素敵です囲炉裏焼きは、伊勢鮑の炭火焼き 肝醤油のソースで立派な鮑を炭火でじっくり焼き、肝醤油で...。日本酒が進まないわ ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.