画像: 宮城県名取市 佐々木酒造店へ

宮城県名取市 佐々木酒造店へ

10月上旬、宮城県名取市にある、佐々木酒造店へ。 震災の津波で大きな被害を受け、仮設蔵で酒造りを続けていたのですが、遂に酒蔵を再建したとのことで伺いました。 明治4年創業、「宝船 浪の音」を代表銘柄として造っています。実は、こちらの酒蔵は閖上地区にあり、海のすぐそば。蔵の横には川が流れ、東日本大震災では大きな津波が街を飲み込み、酒蔵も全壊。 当時、佐々木洋専務は、津波が押し寄せてくる一部始終を蔵の屋上からずっと目の当たりにしていたのだそうです。 地震から半年が経とうとする2011年8月、私は名取市出身の知人達と一緒に被災地を訪れたのですが、がれきが綺麗に撤去され、とにかく広大な平地が遠くまで伸びている閖上の地、 ここに街があったんだと言われても、人が住んでいる様子が全く想像ができないくらい、何もない状況でした。 ただ、佐々木専務は、当時誰も先の事を考えられない中、同じ場所に酒蔵を再建する、と決断し、家族で気持ちを一つにしたのだそうです。 とはいえ、同じ場所に酒蔵をすぐ立てられるわけでもなく、宮城県や名取市としても地震、津波対策をしっかり講じなければなりません。 街全体を復活させるために3メートルの盛土をしたり、防波堤を作ったり、区画整理をしたりと、復興には何年もの歳月がかかります。 その間、酒造りをストップし続ける訳にはいかず、名取市復興工業団地内の仮設蔵で、2012年から酒造りを始めました。 そちらの場所も案内いただきましたが、体育館のような広い空間が...。 酒蔵移転のため、だいぶ中は片付けられていましたが...麹室はプレハブの中で。洗米から搾りまで、全て仕切りのないほぼ同じ空間で作業しなくてはなりません。 せめてもということで、休憩室や酒質の分析をする場所はテントを立てて、気持ちの切り替えをされていたとのこと。 こちらが分析室 こちらが休憩室 佐々木洋専務曰く、日本の醸造史上、被災後このような場所で酒造りをした酒蔵は他にないそうで、技術指導の先生方からは、「気持ちは分かるが、このような環境で飲める酒が造れるとは限らない。それでもやるのか?!」と。 温度調整が難しく、繊細な酒造りには到底適さない環境下だけに、慎重に、慎重に酒造りを始めたところ、「地元の皆さんから、震災前より美味しくなったと、目を丸くして言われたんです...!喜んでいいものやら複雑な気持ちでもありましたけどね(笑)」 と洋専務。 実際、仮設蔵で造った造った日本酒が、全国新酒鑑評会で2度入賞もしています。 そして、街も少しずつ復興を遂げ、震災前は6500人いた閖上の住民も、2200人まで戻ってきました。 酒蔵も工事が進み、遂に先月10月1日、日本酒の日に新蔵の完成お披露目会が開催されました。 震災後、がれきの中から出てきた、木製の看板も飾られていました。傷がついたり剥げているところもありますが、この看板の存在が再建への希望にも繋がったのではないでしょうか。 蔵の中を拝見すると、各所に洋専務のこだわりが感じられます。 とにかく清潔な空間で酒造りをするために、酒蔵には珍しくエアーシャワーが設置されていたり、 水はけを良くするために床をステンレス化し、排水溝に向かって急勾配をつけていたり、 直接風が醪などに当たらないよう、袋の布目から冷気が出て部屋の温度を調整できるようにしたり...。(天井の、白い丸い筒のところから冷気が出ます)酒蔵が新しくなって、さらに酒質も良くなるだろうという、と周囲の期待も高まっているので、プレッシャーもありつつ、遣り甲斐を感じると、洋専務。 タンクは、浦霞や勝山の蔵元から、麹箱は宮寒梅の蔵元から譲り受けたものもあったりと、宮崎県内外の多くの日本酒、焼酎酒蔵からの支援を受け、「色々な人の気持ちをいただいて酒造りができている。本当にお陰様だなと感じている」と。 蔵には、試飲販売をされているスペースもあり、それぞれ試飲させていただきました。 浪庵、閖の文字は、社長でもあるお母さまが書かれていますが、この閖は震災後から始めた純米酒。 洋専務が、がれきの山から ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.