画像: 神戸ビーフ×兵庫県の日本酒ペアリング会主催

神戸ビーフ×兵庫県の日本酒ペアリング会主催

先月となりますが、9月21日、日本橋三越カルチャーサロンの日本酒講座主催。今回は銀座プレジール神戸にて、神戸ビーフと兵庫県の日本酒ペアリングランチを企画しました。プレジール神戸銀座は、JA全農兵庫直営のレストランで、銀座4丁目の交差点ど真ん中にあるんです!HPはこちらからGINZA PLACEの最上階11階にあり、向かいには銀座和光の時計台も見下ろせる位置なんですよ。兵庫県出身者としても、いつか企画したいとタイミングをはかっていたので、今回実現でき嬉しかったです兵庫県の食材を中心に使ったお料理、そして神戸ビーフに、兵庫県の日本酒を6種類それぞれのお料理に合わせました。まずは、兵庫県産山田錦について、また神戸ビーフについてのレクチャー。そのあと、現在兵庫県のみで販売されている、菊正宗の百黙で乾杯菊正宗の歴史史上、130年ぶりに誕生した新ブランドで、兵庫県三木市吉川特A地区の山田錦を100%使用した純米大吟醸、フルーティーで上質な甘味と優しい酸味があり、乾杯にもお勧めの一杯です。東京ではまだ手に入らないこともあり、貴重なお酒を堪能いただきました。百黙と前菜2品との相性もぴったりそして、龍力ドラゴンエピソード2は、兵庫錦を使った純米吟醸。蔵元より、魚料理に合うと伺っていたのですが、まさに太刀魚のウニソース いくら添えにぴったり濃厚なウニの旨味といくらの塩味に寄り添って...。兵庫県産野菜のせいろ蒸には、白鷺の城 戦国のアルカディア純米大吟醸(山田錦)、播州一献 純米吟醸ひやおろし(兵庫夢錦)を合わせました。神戸ワイン塩、丹波黒の豆味噌、淡路島たまねぎソース、黄身ダレ、橘みかんのポン酢、5種類のつけダレなど各々好きに合わせて。兵庫県産の野菜もたっぷり召し上がっていただきました。そして、メインの神戸牛ステーキ。この日はランプの赤身をご提供。奥播磨の播州 山廃純米生原酒 山田錦 精米歩合55%の29BYに合わせて...。2年熟成の生原酒でボディもあるので、ステーキは神戸ワイン塩や丹波黒の豆味噌をつけていただくと、より相性がよかったですお食事は、無農薬のコウノトリ育むお米コシヒカリを。こちらも美味しい~!と好評でした ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.