画像: きょう出した野菜クイズの答えを発表しまーす!八百屋さんには売っていない緑の茎の炒め物はなーに!?

きょう出した野菜クイズの答えを発表しまーす!八百屋さんには売っていない緑の茎の炒め物はなーに!?

といわけで、昼間出した野菜クイズの答えを発表しま~す!
グリーンの茎と葉っぱは~~~~
ファルシコムンター!というネパール語の
「かぼちゃの葉っぱ」でしたーーー!540円安い~!
(メニュー写真の一番左下です。見えにくくてすみません~)
ここはネパール料理のお店で、店主のプルジャさんに伺うと、
正確には葉も入ってるけれど新芽の部分の茎ということでした。
ネパールやほかの国でもかぼちゃの茎を食べるところはありそうですね。
検索したら、クックパッドにもかぼちゃの茎やズッキーニの茎の料理が載っていました。
だけどこれってまず八百屋さんでもスーパーでも見かけません。
ということは、農家や家庭菜園の、作っている人しか味わえないい特権なんですね!
かぼちゃですから、苦味がまったくなくホウレンソウのようなえぐみもなく、
小松菜のようなキュッキュッと歯がきしむ感じもなく、
フキのようにうっすらスジが見えますが、固くはなく、シャキシャキっとして食べやすくておいしいのです。
クセがなさすぎるぐらいで、ほどよいカレーの箸休めになっておいしい!
香辛料はよくわからないけど、辛くはなく、ネパールっぽいスパイスのシンプルな塩油炒めでした。
プルジャさんは、自分の畑を持っていて、そこで作った野菜を料理にだしているそうです。
なので国内の市場に出回らない新鮮な野菜が、提供できるというわけですねー。
巣鴨のプルジャダイニング、じつはカレーマニアのライターはぴぃさんが、以前記事に書いていたのを読んで、
こんど行きたいと思っていて念願かなったのでしたー。
ところで、わたくし、じつは、かぼちゃの茎に数年前に出会っているんですね。
それは~~~
高知の日曜市です!
かぼちゃのくきをはじめて知ったのは。茹でてきれいに束ねて輪ゴムでとめてあって100円。
すっごくグリーンが鮮やかなんです!
詳しくはこちら

高知の日曜市で「かぼちゃの茎」を発見!ためしに買って食べてもみた~!の巻
高知で知ったかぼちゃの茎に、まさかネパール料理店で再会できるとは~。
というわけで、巣鴨のとげぬき地蔵へ行ったら、帰りにかぼちゃの茎の炒めもの。
もしくは、高知の日曜市行ったら買ってみてね。
以上~野菜クイズでしたー!
ベジアナ・おもしろ野菜探究家@あゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.