画像: 大阪で話題の店「A La(アーラ)」で料理センスを感じる旨いピッツァ!

大阪で話題の店「A La(アーラ)」で料理センスを感じる旨いピッツァ!

本日のピックアップフォトは大阪のベッドタウン箕面にある「ピッツェリア エ トラットリア アーラ」で食べたハーフ&ハーフの旨いナポリピッツァです。
半分はカラブリアの激辛サラミ「ンドゥイヤ」と揚げナス、パンチェッタロール、アーモンドとバジルのペーストで、半分にはマッシュルームのペーストやグアンチャーレを使ったキノコのスペシャルピッツァです。関西No.1イタリアンと言われている「ポンテベッキオ」出身の、藤井洋介オーナーの料理センスを生かした、素晴らしい料理とピッツァは、この後の本文でお楽しみください!。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
阪急箕面駅から徒歩4分の場所に、2019年3月に誕生したナポリピッツァのお店が、今、食通の間で話題になっている「PIZZERIA e TRATTORIA A La(ピッツェリア エ トラットリア アーラ)」 です。
箕面市は、阪急箕面駅から阪急梅田駅まで30分弱で行ける為、大阪都市圏に通う人たちのベッドタウンとして高級住宅地として注目される一方で、箕面滝や勝尾寺などの観光名所もある住みやすい街です。
店内は1人でも利用しやすいカウンター席と、テーブル席が22席あります。
今回の前菜盛り合わせに乗ってたい旬のイチジクや生ハム、水茄子を使ったサラダが旨い。
ピッツァはオーナーシェフの藤井さんにお任せしたら、最近僕が食べ歩いているマッシュルームを使ったピッツァと、僕の好きな辛口のサラミペースト「ンドゥイヤ(’Nduja)」をメタメタ(ハーフ&ハーフ)で用意してくれました。
ンドゥイヤのピッツァにトッピングするのは、ペスト・トラパネーぜと揚げナス、ンドゥイヤ(’Nduja)、パンチェッタロールです。バジルと松の実で作るペストジェノベーゼはよく見ますが、松の実の代わりにアーモンドを使うトラパネーゼは珍しいですね。
フンギ(キノコ)の方は、マッシュルームのペーストを塗って、水牛のリコッタチーズやモッツァレラチーズ、色々なキノコ、胡椒、パルミジャーノをトッピングして、残り半分にはカラブリア産のンドゥイヤに、ペストトラパネーぜ、揚げナス、パンチェッタロール、パルミジャーノ等をトッピングしています。
伸ばして形を整えて窯に投入します。
焼きムラがないように均等に焼き上げていきます。
焼き上げてからキノコの方にグアンチャーレを乗せて余熱でとろけるようにして完成です。
今回のピッツァもまた料理的なセンスを感じられる素晴らしいピッツァでした。
マッシュルームは、ペーストとソテーをダブルで使って、味の深みをもたせているのがお見事です。
仕上げに乗せたグアンチャーレの脂がとろけて肉の旨味を感じられるのが最高でした。
また、ンドゥイヤ(’Nduja)の辛味とリコッタチーズのバランスも良いし、爽やかなバジルペーストとナッティなアーモンドや辛味に良く合う揚げナスのコントラストも最高に美味しかったです。
デザートはティラミスとエスプレッソを頂いて素晴らしいディナー終了です。
最後にチームアーラの皆さんと自撮りで記念撮影です。
今回も素晴らしい料理と
最後にオマケとしてメニューと、今回頼んだドリンク「自家製”モヒート”」の写真をどうぞ。
ワインも良いけど、ここでは自家製のモヒートやレモネードが実に美味しいので頼みたくなります。
ソフトドリンクも色々あるので、車の運転やアルコールが飲めない方でも色々楽しめますよ。
オマケにメニューも添付しておくので参考にしてくださいね。
Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
ピッツェリア エ トラットリア アーラ
PIZZERIA e TRATTORIA A La
電話:072-722-5567
住所:大阪府箕面市箕面6-4-24 サンクスみのお1番館
交通手段:箕面駅から徒歩4分(313m)
営業時間
11:30~15:00(L.O.14:00)
17:30~22:00(L.O.21:00)
定休日:火曜日、第1第3水曜日
予算(口コミ集計)
¥6,000~¥7,999 ¥1,000~¥1,999
席数:22席(カウンター6席含む)
オープン日:2019年3月13日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.