画像: 一の家 夏の泡祭り@大宮

一の家 夏の泡祭り@大宮

大宮にある料亭、一の家にて「一の家 夏の泡祭り」が開催され、伺いました。 明治十八年創業で、氷川神社の参道脇にある料亭。 入口も趣あり、会場となるお部屋までの通りも、どこを切っても絵になる美しさ。中居さんの着物姿が、とても素敵な佇まい。 立派なお庭を眺めながら...。 今回は、唎酒師の てるじいさんと、一の家5代目の若旦那 小田晋一朗一郎さんとのコラボ。 スパークリング日本酒を中心に、夏酒やクラフトビール、ワインと料理のペアリングをいただきましたよ。 ペアリングのテーマは“香り”。日本酒の香りに合わせてハーブやスパイスなどを使った料理を考案されました。 まず先付には、「二色のパプリカとメロンと胡瓜 土佐酢寄せ 豆乳ムース」×土佐しらぎく 微発砲 土佐酢にはリンゴ酢を使い、土佐しらぎくにも含まれるリンゴ酸と合わせています。酸味だけでなく、土佐しらぎくのメロンの香りが、キュウリの香りと相まって爽やかに ジュレのつるっとした喉越しと、シュワっと優しい泡が、口内にも涼を運んでくれました。 「真鰺の香草パン粉揚げ 香草タルタルソース」×コエドビール 毬花 この香草パン粉揚げ、これまで頂いた鰺フライの中で一番おいしい!と思えるくらい、記憶に残る美味しさでした 絶妙な揚げ加減で、サクッとした衣、厚みのある鰺はレアでふわっとした食感、旨味、甘味...そこにレモングラス、タイム、セージ、ローズマリー、ディルの入ったタルタルソースが絡むと...、むー、思わずため息...。 コエドビールの華やかな香りと相まって、泡が口中をすっきりさせてくれ、とても幸せなペアリングでした スパークリングワインとも合わせたところ、柑橘系の香りとも良く合いましたよ。 「冬瓜と鶏ハムの博多ペパーミント蟹山葵餡 花丸胡瓜」×美丈夫 純米大吟醸 ペパーミン ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.