画像: 高層45階!リッツカールトン東京「フレンチダイニング アジュール45」至福ランチで感じたこと

高層45階!リッツカールトン東京「フレンチダイニング アジュール45」至福ランチで感じたこと

リッツカールトン東京45階「フレンチダイニング アジュール 45」で至福のランチhttp://www.ritz-carlton.jp/restaurant/azure/7月新メニュー発表席にお招きいただきました六本木駅直結。東京ミッドタウンに隣接するリッツカールトン東京45階。世界中からお客様がおみえのホテルです和食とフレンチに絞り込んだ同ホテルの看板フレンチ店がここ「アジュール45」です店内はとても広く朝食〜ディナーまで フレンチダイニングとして1日中人気 。。。。 お席にて。梅雨の間の晴れ間、東京タワーと都内が一望できます 宮崎慎太郎シェフのフルコースをいただきます 。。。。。 僭越ながら一言で感想を申し上げますと、 1シェフの美味しさへの追求がすごい!2お皿が美しさと心温かさに溢れている3手が込んでいるところが美味しさとして伝わってくる 立地良さや眺望良さなど人気の理由はたくさんあれど、やっぱり「おいしい」「楽しく癒される」のだなと感じました。。。。。 フィンガーフード。スモークサーモンは柚子風味。軽やか〜。サクッと甘めのサブレにパルメザンの塩気。おいしい。 フォアグラのテリーヌのアクセントはさくらんぼと胡麻。甘み酸味と胡麻のコク!小さいながらもパンチがあります こんがり焼けたうなぎ〜 ご一緒した方と、全く別のお話で「うなぎ、高くなったよね。でも美味しいよね食べたいよね」なーんて話しているタイミングでお出しいただけたと言う。笑 夏トマトと蟹。爽やかで美しくおいしい 華やかさでパッと目を引く一皿 大好物のバターはフランスのボルディエ おいしい。バターケースとリンクする形もかわいい 天然酵母フランスパン。バターとパンがおいしくて進んじゃう〜〜〜 。。。。。。ここまででも、おいしさと楽しさにテンションが高まってくるのがわかるんですが、ここから温かいお料理が出るのですが、「美味しさへの追求が手数の入れ方」にも比例していて。 1チーズ削りますねとサーブされた瞬間、2大好きな「ぱかーん」。お料理とご対面。この瞬間大好き(笑)登場したのは「枝豆スフレ」3チーズ削っていただき 4ソースかけていただき スッとスプーン入れたら 中から絶妙な卵のとろけ具合〜!!️おいしい======! ↑最高のおいしさタイミングになるまでに、4段階の手技が入るんです。これって、シェフとホールの方の信頼と連携がとれていないと、なかなか実現できないはず。「ぱかーん」が遅れてもソースが遅れてもどんどんしぼんじゃうし、卵の半熟さも変わる。 いやぁ、すごかった。おいしかったです 。。。。。。 お味がとっても好みだったのは「オマール海老ブルー」フィンガーライムのぷちぷち感と酸味が程よくおいしく 美しい盛り付けですが、オマール海老のカットは大胆にボリュームもあり、自分で切って頬張る楽しみがある。→噛み応え ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.