画像: NYの酒蔵、Brooklyn Kuraへ

NYの酒蔵、Brooklyn Kuraへ

今回NYに訪れ、ぜひとも伺いたかった場所の一つが、ブルックリンにある酒蔵、Brooklyn Kura。 マンハッタンから橋を渡り、ブルックリンへ。 アメリカ人のBrian Polen氏と、Brandon Doughan氏お二人が意気投合し、2018年1月からこの地でSAKE造りをしています。 昔は倉庫や工場だった建物が何棟も立ち並んでいますが、そこをリノベーションし、レストランやショップが入っていて、その一角に酒蔵もあります。 別の階では、ウイスキーやクラフトビール、サイダーなどを造っている会社もあるんですって! ブルックリンクラの隣にある、オシャレな工場兼Bar↓ お二人はNYの老舗日本酒Bar、デシベルで美味しい日本酒を知り、それから日本の酒蔵を訪れることで、SAKEをアメリカ、NYでもっと広めたい、という想いから蔵を建てたのだそう。 原料となる米は、カリフォルニアやアーカンソーで作っている、山田錦とカルローズ米を使用。 心白も、ちょっとずれている感じですが、ちゃんとありますね。 仕込み水はブルックリンの水道水を使っていますが、軟水。酵母は協会7号、14号を中心に、麹菌も日本のものを使っています。 麹米も、蔵に泊まり込みで作っているそうですよ。 ヤブタらしき搾る機械もありましたが、ゆくゆくは冷蔵設備の中で搾れるようにしていきたい、とのことでした。 発酵中のもろみ 四季醸造で現在5名で酒造りをしていますが、純米吟醸の生酒を中心に白麹を使ってみたり、きもと造りにもトライしたりと(10月頃に初リリース予定)、常に酒質向上のために努力しつつ、様々なチャレンジをし続けています。 蔵内にあるタップルームでは、タップからお酒を ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.