画像: 北海道帯広で国産チーズの魅力を探る旅 後編

北海道帯広で国産チーズの魅力を探る旅 後編

本日のピックアップフォトは、「食べあるキング」と「NPO法人チーズプロフェッショナル協会」のコラボによる食材探求プロジェクトで訪問した北海道で、2日目に食べた「十勝チーズモールウォッシュ」です。
北海道の十勝の水や牧草を食べて育った自然放牧の健康な牛から搾りたてのミルクで作る熟成チーズをとろーりと溶かせてパンやジャガイモなどにかけていただくと、本場スイスやフランスのチーズ職人も驚いたという、世界に誇る「十勝プライド」のラクレットチーズですよ。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
食べあるキングの食材探求プロジェクトで国産チーズの魅力について探求する旅の後編です。
2日目は朝6時に帯広のホテルのロビーに集合して、車で足寄にある「しあわせチーズ工房」に向かいました。
https://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-12487460720.html ←前編はコチラからどうぞ!
オーナーでチーズ職人の本間幸雄氏は、前日に訪問した「共働学舎新得農場」でチーズ作りを学びました。チーズの原料は、主に足寄の「ありがとう牧場」の生乳を使用しているそうです。
牛にストレスのない通年放牧と、季節の青草の香りのする、やさしい味の牛乳と、ありがとう牧場の吉川さんの酪農に対する姿勢に強く共感して、この牛乳でチーズを作ることを決意したそうです。
2016年4月には、フランスのチーズ業界団体「ギルド・デ・フロマジェ協会」が授与する権威ある称号「ギャルド・エ・ジュレ」を叙任し、Japan Cheese Award 2016に出品した「幸」が金賞を受賞しています。
本間さんのチーズ作りは、「ミルク」だけでなく、銅釜と直火によるヨーロッパの伝統的な製法にもこだわっています。
今回の食材探求プロジェクトで訪問した北海道の十勝地区では、地元の水や微生物、牧草にミルクだからこそ出来るチーズをしっかりと感じることが出来ました。
試食させて頂いたのは、ありがとう牧場のミルクを使った「幸(SACHI)」と、「石田めん羊牧場」の羊乳を使ったハードチーズです。
これがあまりにも美味しすぎて、2種類とも買って帰りました(笑)。
ワインに良く合うので、二日間で食べ終えてしまったのが残念で、また通販で買いたいと思います。
しあわせチーズ工房の本間さんと、食べあるキングの仲間達も一緒に工房の前で記念撮影。
足寄から移動して、ガーデンスパ十勝川温泉で休憩タイム!!
ここは温泉やスパもあり、売店や食事も充実している楽しい場所です。
ここのカマンベールチーズソフトはソフトクリームマニアとしても旨いと思いました。
ココでしか味わえないカマンベールチーズの風味を活かした美味しいソフトクリームですよ。
十勝川温泉地区にある、十勝品質事業協同組合の「共同熟成庫」を見学。
製造管理マネージャーで熟成士の柳平孝二氏と、品質保証マネージャーの田村佳生氏のお二人から、共同熟成庫で管理している十勝のラクレットチーズについての話を伺い、試食もさせて頂きました。
前日の共働学舎新得農場の宮嶋さんのお話で聞いた十勝でしか作れないラクレットチーズ。
ヨーロッパのコンテストで受賞したときに、本場のスイスやフランスのチーズ工房の職人が十勝ラクレットを食べて「どうしてこの味が出せるのだ?」と思ったそうですが、同じことを十勝のチーズ職人もチーズ作りを始めた頃に感じて、スイスやフランスのチーズと同じやり方をしても同じチーズが出来ないと悩んでいたそうです。環境が異なるヨーロッパと日本では、ミルクも、微生物も異なるんですから違って当然です。
これこそが「十勝プライド」として、他の土地では出来ないチーズをGI(地理的表示保護制度)に認定されるよう一所懸命に働きかけている理由でもあります。
小さな工房が多いエリアではこういう共同熟成庫という考え方は実に合理的だし、1軒だけではどう頑張っても限界がある十勝のチーズのブランド価値を高めていくためには、素晴らしい方法だと思いました。今この共同熟成庫で「十勝チーズモールウォッシュ(ラクレット)」をを熟成しているチーズ工房は8軒あります。それぞれのチーズ工房が、共通のレシピで作り、この熟成庫で約二カ月間熟成させて生まれるのが「十勝チーズモールウォッシュ」です。十勝の大地の牧草を食(は)んだ牛たちの乳から作ったチーズを、モール温泉と呼ばれる十勝川温泉水をベースにウォッシュするチーズですが、同じレシピとはいえそれぞれの工房のミルクの質や発酵の微妙な違いをチーズで感じるのも楽しいですよ。
お話を聞いた後で専用のラクレットグリルで加熱して試食をさせていただきました。
この形のグリルは初めて見ましたが、しっかりと焼けていて良い感じですね。
自宅用に欲しくなりました(笑)。
トースターで焼きたてのパンに、ラクレット専用グリルで溶かした「十勝ラクレットモールウォッシュ」をとろりとかけていただきま~す!!。
製造管理マネージャーで熟成士の柳平孝二さん、品質保証マネージャーの田村佳生さん、大変興味深いお話をありがとうございました!!
ナポリピッツァとチーズは切っても切れないご縁があります。
国産のチーズを使った美味しいナポリピッツァのお店も多いので、熱い職人が作るチーズとピッツァを応援していきたいと思いました。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
しあわせチーズ工房
北海道足寄郡足寄町茂喜登牛141-4
Tel: 0156-26-2585
Fax: 050-3730-5946
https://www.shiawasecheese.com/
十勝品質事業協同組合共同熟成庫
[ 事務局 ]
北海道河東郡音更町十勝川温泉北14-4-7
TEL0155-67-6080
http://tokachipride.jp/
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.