画像: 食べあるキング 食材探求ツアー in 帯広・十勝 ~十勝千年の森 / ランラン・ファーム

食べあるキング 食材探求ツアー in 帯広・十勝 ~十勝千年の森 / ランラン・ファーム

食べあるキングの食材探求ツアーで十勝 / 帯広に行ってきました!「国産チーズの素晴らしさを探求し、伝えよう&広めよう!」という目的の下、NPO法人チーズプロフェッショナル協会さんにご協力、ご尽力頂き、3回に渡って全国のチーズ工房見学や、国産チーズを使った商品や料理の素晴らしさを体験させていただきました。今回(3回目)はそのファイナル、酪農王国 北海道!その中でも、全国の国産ナチュラルチーズ生産量の約7割を誇るという「十勝」へ... まず初日、十勝千年の森「ランラン・ファーム」へ伺い、自然放牧の山羊から絞った乳で作るチーズを探求。チーズというと、普段食べているのは牛の乳から作る物が大半だが、今回この山羊チーズの素晴らしさを知る事となる。 この牧場と工房でチーズを作っている斎藤さんからいろいろなお話を聞きました。まずは、この大自然が育んだ餌や水、そして山羊にとってストレスのない昼夜完全放牧という、理想的な環境で飼われ、その山羊から絞られた乳で作るチーズ。 そして、「山羊は乳も肉も臭いからダメ」という認識を覆し、日本の山羊畜産を守りたいという情熱が生んだ、国内シェーブルミートの最高峰『十勝千年の森の山羊 スペシャルゴート』の特徴...という通り、山羊の放牧の為の環境作りや管理、搾乳、製造まどをひとつひとつ手作業で行っているそうです。この様に、情熱を持ってチーズ作りに取り組んでいる姿に感銘を受けました。 超絶ミルキーなソフトクリーム 極上山羊チーズを盛り合わせで 上:はおび(牛)ここは山羊チーズの工房ですが、この牛乳を使ったチーズにも自信あり!だそうです。その言葉通り、滑らかな口どけ、濃厚なのに後味すっきり、チーズの風味がしっかりと口いっぱいに広がり、噛みしめた最後に残る「旨味」がなんとも印象的でした。 下:十勝シェーブル(プレーン)このチーズにはびっくらたまげた ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.