画像: コヤコヤ(恵比寿)ビストロな雰囲気のカウンター中華。遅めの二軒目で寄る知人が多い中、...

コヤコヤ(恵比寿)ビストロな雰囲気のカウンター中華。遅めの二軒目で寄る知人が多い中、...

この投稿をInstagramで見る
コヤコヤ(恵比寿) ビストロな雰囲気のカウンター中華。 遅めの二軒目で寄る知人が多い中、随分前から予約し、一軒目で行ってみた。 明治通りから路地に入ると、ひっそりある。ガラス窓から中を見ても楽しそうな雰囲気。 入ると、スキンヘッドで一見コワモテだが、実はオシャベリ好きで明るい小弥太シェフと、女性(奥様でなく青山高校の同級生)が楽しくもてなしてくれる。 小弥太さん宅のホームパーティにでも来たかのような温かさに包まれた、不思議なお店。 カウンターのガラス容器にある自家製ピーナッツ。麻辣の味付けが素晴らしくてやめられない、止まらない(笑) 干し豆腐の皮蛋と翡翠(ねぎ醤油)ソース、肉たくさんの焼き餃子、熱々でキクラゲが溢れる揚げ春巻き、などなど、どれもビールや紹興酒ロックが進む。 〆に食べた、具なし焼きそばが最高。 麺は #浅草開花楼 。真っ黒。たまり醤油、オイスターソースで、しっかりコックリ、麺に味をまとわせてる。少量なのでペロリ。 さらに、たまご炒飯。 ヤーツァイという、中国のお漬物を細かく刻んであり、これが良いアクセントに。 まだいけると、麻婆豆腐。 辛すぎず、旨味と香りにあふれてて、お腹一杯なのにサラサラ入る。 コの字のカウンターのお客さんの1人が誕生日祝いをしてた。と、小弥太さんの一声でみんなで拍手・歓声。見知らぬ全員が一体化する。気づけばカウンターの隣や向こうの人とも会話してた(笑)。 知り合いにも遭遇。 楽しくて美味しい店の完成形だ。 小弥太さんの美味しい小屋。だからコヤコヤなのかな?
すずきBさん(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2019年Jun月25日pm3時15分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.