画像: アンディ(外苑前)

アンディ(外苑前)

アンディ(外苑前)
日本を代表するワインテイスターでソムリエの大越基裕氏が、
ソムリエの新城桃子さんと夫妻で経営するモダンベトナム料理。
以前、アンジャッシュ渡部さんが、
ある番組で今年イチバン美味しかったグルメとして紹介していたお店。
外苑前の静かな場所に、
ひっそりある。
わりとこじんまりした店内。
自然派ワインと、無化調、野菜メインなだけあり、多くの女性客で賑わっている。
カウンターとテーブル。
カウンターからは厨房の様子が見れて楽しい。
笑顔が素敵な、活気あるスタッフ。
以前、渋谷のワインバーにいた奥様の桃子さんも迎えてくれた。
#ティーリーフサラダ が人気。
ミャンマーの国民食、お茶の葉のサラダ「ラペットゥ」的な、サラダの概念が変わるサラダ。
食材は、福岡八女茶の発酵茶葉に、緑豆、トマト、キュウリ、カシューナッツ、ピーナッツ、フライドエシャロット、干しエビ、胡麻、パクチーなど。
そこにライムを搾り、ホーリーバジルのソースをかけ、全体をよく混ぜていただく。
発酵茶葉の漬物のような香りと、干しエビの旨味、あれこれ複雑に絡みあい、
食感、香り、味わいが不思議でクセになる。
#バインセオ
小ぶりで上品。ベトナムで食べるバインセオとはまるで違う。
具に馬肉。キャラメリゼされた黒にんにくソースと。
#生春巻き
アスパラ二種とスモークサーモン、マンゴーなどが包まれていて、
食べたことのない仕上がり。
これに、ミネラル感あるソービニヨンブランが、ペアリングされてる
#地鶏の炭火焼き
パリッと焼かれていて、サイズ感もいい。
自家製アンチョビソースに、よもぎの葉と、レモングラスラー油が添えられ、
ちょっとずつ付けていただく。
普通のラー油と違い、辛さと清涼感が広がる。
〆は
#塩レモンのフォー
クレソンとパクチーを乗せて。パクチーの花も食べてみた。味が完全にパクチーだった(笑)
なるほど。ハーブや葉っぱ、自然の恵みとワインの相性が、面白い
ほどよくワイワイガヤガヤしていて、気取らずカジュアルな空気なのも、いい。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.