画像: 「北海道・大沼 大沼鶴雅リゾートエプイ お部屋」

「北海道・大沼 大沼鶴雅リゾートエプイ お部屋」

ひとことで言って、本当にいいお部屋ー。
ほんとに久しぶりにゆっくりのんびり。行ってよかった~って感じ^^
エプイの中では広いタイプのお部屋でした。
角部屋の「ハスカップ」。
大きく3つのエリアに分かれていて、専有面積も広いです。
まずは寝室。
最初はここだけがお部屋だと思っていたのです(笑)
窓からは緑が見えて、小さなテラスもありました。
お茶のそろえやお菓子は木箱にまとめられています。
アクセサリーケースがきれいでした。
エプイオリジナルのラスク、軽い食感でおいしかった!
なかなか珍しいなと思ったのは、
胃薬が置いてあったことです。
ソーイングセットや爪切り、ばんそうこうもありました。
リビングルーム。
この部屋は「スパリビング」という名前がついていまして、この部屋の床にはタイル張りの場所がありました。
つまりここでスパを受けられるってことだと思われ、
それくらい余裕がある広さを持っています。
ここで映画を観たりできちゃう大きなスクリーンもあります。
でもスクリーンを下す前の緑が額縁で見える景色もとてもすてきでした。
大き目なソファがあってそこでも十分眠れる...、という発想がすでに貧乏くさいっ(笑)
朝も、朝ごはんまでの時間。
のんびりここでお茶飲んでました。
まどろみタイム、最高すぎる。絶対に仕事しないぞーってパソコン持ってこなかったし(笑)
冷蔵庫には手作りのチーズムースがあり、
このリビングルームでもぐもぐ食べました。
そしてもうひとつのスペースはお風呂。
循環ではありますが温泉で、常にかけ流されている大きなお風呂。
シャワーブースもありまた脱衣所もあります。広いです!
いつでも入れる気軽さに、何度も入ってしまいました...。
気持ちよかった♪
木の枕。
枕に頭を乗せて前を見ると緑が広がるという設計です。
アメニティも揃っていました。
北海道の素材を使ったボタニカル系スキンケア。
スパリビングの部屋はどの小部屋からも緑が見えて、
このホテルが素晴らしいロケーションであることを改めて感じさせてくれます。
ホテル内や周辺でのんびり時間を使うための滞在型ホテルで、そのためのアクティビティなどへの
案内もきちんとされています。
今回は1泊でしたが、最低でも2泊は必要だったかも...
お食事の内容とアクティビティの記事に続きます。
つづく
関連記事
北海道 函館・大沼
・濃霧の合間を縫って降り立った函館空港
・カリフォルニアベイビーの名物シスコライス
・2019函館・札幌旅 五稜郭へ
・大沼鶴雅リゾートエプイ ファシリティ
・大沼鶴雅リゾートエプイ 湖上テラス
・大沼鶴雅リゾートエプイ お部屋
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.