画像: 熊本の温泉町でこんな本格的なイタリア郷土料理が食べられることに驚く!

熊本の温泉町でこんな本格的なイタリア郷土料理が食べられることに驚く!

本日のピックアップフォトは、熊本の小さな温泉町「菊池」にあるミシュランガイドビブグルマン受賞のイタリア料理店「コントルノ食堂」で食べた、幻と言われている菊池農場の代表、臺(ダイ)典子さんのあか牛を焼いた「ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ」です。お洒落なイタリアンではなく、本格的なイタリア郷土料理が好きという人は、この店はかなりハマると思います。
東京やイタリアで有名なイタリアンによく行ってるという食通さんには是非訪れて欲しいお店なので、このブログで、菊池シェフが作るイタリア郷土料理の魅力の一部をお伝えしたいと思います。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
熊本の菊池という小さな温泉町にある「コントルノ食堂」に初訪問!
噂には聞いていましたが、地元菊池の食材を使い、本格的なイタリアの郷土料理を提供して、それに合わせるワインの品揃えまで通好みという実にヤバい店ですよ(笑)。
今回の熊本出張は熊本市内で仕事でしたが、宿泊は菊池の望月旅館という古くて安い温泉旅館にして、徒歩30秒の所にあるこのコントルノ食堂に行きました。
何も知らずに行くと思わず「ここ大丈夫?」って感じの田舎のスナックのような場所にあります(笑)。
しかし、東京で有名なイタリア料理店でも置いてないような通好みのナチュラルワインや、マニアックなイタリア郷土料理がこの熊本の小さな温泉町のスナックのような店で出てくることに心底驚きます。
行ったばかりだけどまたすぐ熊本に飛んでいきたいと思わせるお店でした。
スタートはエミリオロマーニャ州の「Brut Nature /IL Farneto」で乾杯しましょう!。
自家製パンと前菜の盛り合わせ。
このパンも旨いし、野菜や卵、ハムなど地元菊池の食材を使ったのがとても旨い。
黄身がレモンイエローのタマゴは地元菊池で作られる美味しい卵で、餌にパプリカなどの色素を混ぜてオレンジ色の黄身を作らないので、自然な黄色なんです。
今が旬の地元のグリーンピースをたっぷり使った手打ちタリアテッレがメチャメチャ旨い!
これ、グリンピースが嫌いと言っていた子供でも好きになるという魔法のパスタです。
大好きなポヴェレッロ(貧乏人のパスタ)をリクエストしてみました。
都内のイタリア料理店で「ポヴェレッロ」が食べたいとリクエストしても知らない料理人もいるイタリアのマンマが作る家庭料理で、卵とチーズと胡椒だけで作るから「貧乏人のスパゲティ」とも呼ばれています。しかし、パスタを茹でる前に見たら「ヴィチドーミニ」のスパゲティを使ってたので驚きました。1812年創業、カンパーニャ州を代表する老舗のパスタメーカーで、アルタムーラ産無農薬有機栽培のデュラム・セモリナ小麦をブロンズ・ダイスで形成して、120日間も自然乾燥させるこだわりのパスタがかなり美味しいのですが、価格も高く日本への入荷も少ないので、使っているシェフは相当なパスタオタクと言えます(笑)。ペコリーノチーズと半熟に仕上げた目玉焼きと黒胡椒を、茹であげたパスタに和えて、熱々のうちにいただいたら、最高に旨いポヴェレッロを楽しめましたよ。
オーナーシェフの菊池さんが、菊池でも稀少な生産者の「あか牛」をTボーンで丁寧に焼いてくれたのですか、フライパンと炭火を使い休ませながら焼く丁寧な仕事ぶりがいいですねー。
完成したビステッカ・アッラ・フィオレンティーナはフィレンツェの人気店で食べるのと変わらない旨さ。
菊池シェフとも仲良しの菊池にあるピッツェリア「ナポリピッツァ研究所イルフォルノドーロ」のオーナーシェフの原田君とのディナーなので「食の変態」が集まって、かなり熱く面白い話が出来ましたよ。
菊池シェフがカットしてくれたあか牛の色は最高でした。
噛めば噛むほどしっかりとした肉の旨味を感じられる見事なビステッカには降参しました(笑)。
付け合わせとして出してくれたポレンタがまた驚きの旨さ!!!。
店名が「コントルノ(付け合わせ)食堂」ですから、こういうのに自信があるんだろうとは思いましたが、付け合わせのポレンタで感動レベルの美味しさを感じたのは、今ではメゼババという人気店のオーナーシェフになった、高山さんのポレンタを食べて以来初めてでした。
ワインだってボトルの写真を見れば分かるように、田舎町の食堂とは思えない凄いヤツばかり(笑)。
料理に合わせてグラスで出してくれるのが驚くワインばかり!
トスカーナ「ポデーレ・ルイーザ アムネジア」やピエモンテ「フレイザ・フィオルダリーゾ/サッコレット・ダニエーレ」なんてのが出てきます。
IGTヴェネツィア・ジュリア・ブラン・ピノ・グリージョ マグナム
ポデーレ・ルイーザ “ジューノ!”
並んでいる空き瓶もマニアが喜びそうなワインばかりです(笑)。
今回は熊本市内のビジネスホテルではなく、温泉の質が良い昔ながらのスタイルの望月旅館に泊まり、徒歩30秒のコントルノ食堂を満喫してきましたが、次回も熊本出張があるなら、市内のビジネスホテルではなく、望月旅館に泊まってコントルノ食堂とイルフォルノドーロに行こうと思いました。
デザートのガトーショコラとエスプレッソまでいただいて大満足の菊池ナイトでした。
最後に見せてもらったコルツェッティ(リグーリアのパスタ用スタンプ)は、オーナーシェフ菊池さんの家紋が入っていますが、これ地名の由来にもなった菊池一族と呼ばれる氏族の家紋で、菊池シェフもその流れをくんでいることからコルツェッティを特注で作ってもらったそうですよ。
熊本空港からも近い菊池で、温泉とイタリアンを満喫するコースにハマりそうです(笑)。
Jaffaの見るだけで美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
コントルノ食堂
電話:0968-41-6361
住所:熊本県菊池市隈府1114 六軒街
営業時間
18:00~24:00
定休日:不定休
営業時間・定休日は変更となる場合があるので、来店前に店舗に確認してください。
予算(口コミ集計)
¥4,000~¥4,999 ¥2,000~¥2,999
支払い方法:カード可(JCB、AMEX、Diners)
完全禁煙
オープン日:2015年9月17日
オフィシャルサイト
https://www.facebook.com/trattoria.contorno
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.