画像: 副大統領(渋谷)

副大統領(渋谷)

世界中の料理を食べ歩く経験を持ち、
#ポルトガル料理の人気店 #クリスチアーノ や
世界料理をもんじゃで提供する #煎餅もんじゃさとう
などで知られる佐藤シェフが、
また新たな店を出した。
インド料理、ポークビンダルー専門店。
ポークのビンダルーの、カレー。
最近、成城石井が商品化したりして何かと話題だが、どんな料理か早く食べてみたい。
11時からの通し営業で、無くなり次第終了。
だいたい15時には終了してしまう。
PL通りのローソンから2つ曲がり、
不思議な雑居ビルの2F。
カウンターのみの小さなバーのような店。
かつて #パッポンキッチン というタイ料理があった店。
(なので場所は、それを検索すれば出ます)
メニューなし。カレー、千円。
ここは、血糖値を気にして、
#カリフラワーライス にする。
カウンターにあるゆで卵を剥き(殻はビニールへ)
完成を待つ。
待てずにゆで卵を一口(笑)
瓢亭のゆで卵を彷彿する黄身のしっとり感(知らんけどw)
すぐにカレーが登場。
おお、サラダや、トマトメティ(クスクス入り)が乗って、ビジュアルが美しい。
カレー、美味い。
そして、件の、酢漬けされた豚肉。
これが柔らかくて最高。
酸味がいい感じ。
肉が甘くていい肉。
聞けば山形豚、冷凍でなくチルドにこだわってるから。
いろんなスパイスで味変しながら、初めてのポークビンダルーを堪能。
ポークビンダルーは、ポルトガル人がインドの西海岸「ゴア地方」にもたらした料理。
そうか、だから、ポルトガル料理の、佐藤さんが、始めたわけね!
そうか、ゴア地方だから、ゴア副大統領で、その店名か!
佐藤さんらしい!
ちなみに、ポルトガルではポークにワインビネガーやニンニク等をたっぷり漬込んでから煮込んで作るが、
ゴア地方では、さらにたっぷりのスパイスやチリーを加えてアレンジ。
「ゴアの宝」と言っても過言ではない、
辛味と酸味の味わいを効かせたインドカレー、
だそうだ。
カレーを少し残し、途中でライスをちょい足ししてもらい、
ラストはミニカレーに。
このお米も、カレーに合う特別なものらしい。
程よい水加減の炊き具合でめちゃ美味しい。
平日のみの営業、夜はやってないそうだが、
そのうちビールも出すらしい。

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.