画像: ペッペの春ピッツァはカルツォーネ

ペッペの春ピッツァはカルツォーネ

本日のピックアップフォトは、駒沢のダ・ペッペ・ナポリスタカで食べた、イタリア野菜Scarola(スカローラ)を使った春のカルツォーネ(包み焼き)です。
食べログマガジンの春ピッツァ特集でも紹介した、ペッペのカルツォーネが旨い!
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
「ダ・ペッペ・ナポリスタカ」は、私の自宅や実家のある駒沢大学駅ちかくにあるナポリピッツァの人気店なので、自分にとってはホームと呼べるお店です。オーナーのGiuseppe Errichiello(ジュゼッペ エリキエッロ)氏は、ペッペのニックネームでテレビや雑誌にも紹介されるイタリア人シェフですよ。
駒沢店オープンの時のパーティは今でも話題になるくらい凄いパーティです。
https://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-12087841693.html ←伝説のオープニングパーティ
休日のランチなので夫婦でスパークリングワインをいただいてのんびり過ごします。
新たに入ったシェフがリストランテの経験値が高いので前菜のレベルが上がってます。
このカプレーゼもとてもおしゃれな盛り付けになっていました。
昨日と今日など、季節は真夏のようですが、GW前に訪れて頼んだピッツァは春を感じさせるピッツァ。
用意されたのは辛口サラミと福岡のシルヴィオさんが作ったスカローラ、オリーブ、リコッタチーズ。
しっかりと伸ばしてからトッピングしていきます。
モッツァレラチーズを乗せてトッピング完成。
しっかりと包んで、焼いてる途中で縁が剥がれないようにしっかりと閉じています。
そして、閉じたピッツァの上にもスカローラを乗せていくのが面白い!
2階建てのようなトッピングの仕方でスカローラの食感を楽しませようという感じです。
窯の中に投入します。
包み焼きにしていて、中に火が通りにくいので窯の入口に近い低めの温度帯でじっくりと焼きます。
中の火の通りを外側から推測して焼いていくのは職人技です。
仕上げに辛口のオリーブオイルをかけて、僕好みのピリッとした味わいに仕上げてくれました。
短期研修に佐賀から来ていたダ・ジーノの沖津シェフと一緒にポーズをとってくれましたよ。
完成したピッツァがコチラ。
表面と内部にしっかりとスカローラが感じられる見事なピッツァでした。
新しいシェフが作る料理がリストランテっぽくてセンスも味も良いですね。
スフレの中に卵黄を忍ばせたアスパラも、上のふわふわのスフレを割ると卵黄が流れる仕掛け。
紫芋を使ったニョッキも実に旨い。
レモンピールで爽やかに仕上げてありました。
そろそろ夏の季節感のあるピッツァも登場していくと思います。
料理とピッツァ常に進化し続けるダ・ペッペナポリスタカから目が離せませんよ。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
ダ・ペッペ・ナポリスタカ駒沢店
Da PEPPE Napolistaca komazawa
電話:03-5787-6475
住所:東京都世田谷区上馬4-5-1
交通手段
田園都市線駒沢大学駅西口徒歩1分
駒沢大学駅から70m
営業時間
[月・水~金] 11:30~14:00(L.O) 18:00~22:00(L.O)
[土] 11:30~14:30(L.O) 17:30~22:00(L.O)
[日・祝] 11:30~14:30(L.O) 17:30~21:30(L.O)
日曜営業
定休日:月曜日
予算(口コミ集計)
¥6,000~¥7,999 ¥1,000~¥1,999
支払い方法:カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX、Diners)
サービス料:ディナータイム 土日祝日ランチタイム サービス料¥200
席数:45席
個室:無
貸切:可(50人以上可)
完全禁煙
駐車場:無
お祝い・サプライズ可、ドリンク持込可、テイクアウト
お子様連れ:子供可
ホームページ
http://napolistaca.jp
オープン日:2015年10月24日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.