画像: 令和のお参りのあとは、やはり太宰府天満宮へー。梅が枝餅を1つまるかじり〜

令和のお参りのあとは、やはり太宰府天満宮へー。梅が枝餅を1つまるかじり〜

令和発祥の大宰府政庁跡と大伴旅人さんの邸宅跡「坂本天満宮」を見たあとは、
いよいよ太宰府天満宮へ。
太宰府駅から参道がすぐ始まります。
修学旅行生がわんさかー。
太宰府天満宮の祭神は、ご存知、菅原道真公。
橋を超えるごとに過去、現在、未来へと渡れるそう。
あまりにも有名な太宰府天満宮についてわたしが特筆することはなにもない。
御神木の「飛梅」
東風吹かばにほひおこせよ梅の花
あるじなしとて春な忘れそ
菅原道真さんを追いかけて京都から飛んできたという梅の伝説です。
梅が枝餅を1つ120円を買って〜〜
がぶり。
大福というより本物の焼き餅なんですかねー。
おいしい!
というわけで、午前9時過ぎに太宰府駅に着いて、
11:40まで2時間半でみっちり楽しみましたー。
太宰府天満宮の先には、九州国立博物館という立派な博物館がありますが、こちらも月曜はお休みでした。
行くとたぶん数時間かかるのでまたのお楽しみーー。
令和記念の旅人号〜!
記念写真にどうぞお使いくださいというので、とりあえず撮ってみたーー!
令和元年記念写真!
ちなみにこれは本物の令和おじさんこと菅官房長官との自慢写真で〜す!
令和元年の太宰府さんぽ!たのしかったー。
次は福岡グルメ ベジアナあゆみ

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.