画像: 鳥さわ22#鳥しき をはじめ、予約が取れない人気店はたくさんある。「鳥+ひらがな...

鳥さわ22#鳥しき をはじめ、予約が取れない人気店はたくさんある。「鳥+ひらがな...

View this post on Instagram
鳥さわ22 #鳥しき をはじめ、 予約が取れない人気店はたくさんある。 「鳥+ひらがな」店名の店は、 ほぼ、鳥しき出身の人が出した店と考えていい、 と教えられたことがある。 #鳥かど #鳥おか そして、#鳥さわ 亀戸で人気となり、 ついに #西麻布 へ進出。 2し(西)麻布で、2号店 なので、22 #紹介制 たった8席のプレミアシート 数ヶ月待ってやっと行けた。 入り口に戸惑うも、御影石のシックなカウンターで、 オシャレな内装。 ソービニヨンブランで。 まず、箸休めの鬼おろしが美味しく、何杯もおかわり。 これにかけるオリジナルのだし醤油がいい。 砂肝、レバーの刺身の鮮度がすばらしく、甘い! かしわ、さびやき(ささ身とワサビ)と続き、 大好きなうずらの玉子で、衝撃。 #極レア火入れ の最高峰焼き鳥と言われてるだけあって、 うずらの白身は火が入っていながら、中の黄身は、ほぼ生。 トロトロ。 なのに温かいのが不思議。 こんなレアなうずらは初めて。 さらに続くハツモトも、薄味でレア火入れ。 血肝(レバー)なんかは、もう、噛んだ瞬間に、とろけてスープとなる。 ちょうちん、小さめだが、バジケ具合がすごい。 せせり、でかめ きんしんさい(百合のつぼみ)で口さっぱりし、 そりあたりから、 ワインを赤(ピノ・ノワール)に。 食道のポン酢和えでまたリセットし、 エリンギがまた甘くてトロトロ。 この極レア火入れは、ネタごと何度も何度も試し、 その限界を見つけたそうだ。 皮、セギモ(腎臓)、肩など続き、 ストップかけたら終わり。 〆はにゅう麺にした。 これが海苔が絡んで美味い。 予約取れないのも納得。
すずきBさん(@suzukibbb)がシェアした投稿 - 2019年May月10日pm7時32分PDT

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.