画像: フランスSAKE☆昇涙酒造お披露目会

フランスSAKE☆昇涙酒造お披露目会

先日は、神保町にあるSAKAKI LABにて、昇涙酒造のお披露目会があり伺いました。昇涙酒造は、なんとフランスのローヌにある酒蔵なんです。3年前からSAKE造りを始めたグレゴワールブッフ氏。2013年夏に日本に初めて訪れ、日本酒に惚れたのがきっかけで、鳥取にある梅津酒造で1年酒造りの修行をし、杜氏や蔵人を日本から呼び寄せ、2016年より酒造りを始めたのだそう。2造り目の2018年秋には、当時の皇太子殿下が訪仏の際に昇涙を飲まれ、美味しいと仰ったそうですよ。純米蔵で現在生産量は30石とのことですが、この日は純米大吟醸からきもと造りの純米酒まで5種類のお酒をいただきました。梅津酒造で修行中は、毎日のように晩酌で冨玲を飲んでいた、ということもあり、冨玲のようなコクがあり力強い味わいの酒を目指しているとのこと。実際頂いてみると、熟成されたお酒は琥珀色で、熱燗でより真価を発揮する、旨味と酸味がしっかり感じられるミディアム~フルボディタイプの味わい。老ね香は感じられず、とても綺麗な熟成で、美味しくてびっくりしましたチーズの解説もあり、昇涙の燗酒をそれぞれ合わせながらいただきましたが、絶妙なペアリングが体感できましたよグレゴワールブッフ氏は「日本酒はフルーティーな酒だけではなく、料理を引き立たせる幅のある味わいがあり、はっきりとしたアイデンティティがある。多様性を含めもっと世界にその魅力を知ってもらうべきだ」と。今の日本の流行の醸しではなく、伝統的手法と精神で酒を醸し、ワインとことなる日本酒の味わいの確立、そして程よく熟成し、燗酒でも美味しく、ペア ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.