画像: 令和になったことだし、そうだ!じぶんの農業しよう!と思った。ベランダ菜園日記はじめます

令和になったことだし、そうだ!じぶんの農業しよう!と思った。ベランダ菜園日記はじめます

令和も始まったことだし、
そうだ!じぶんの農業をしよう!
きょうはベランダ仕事ー。
オクラの苗。
ミニトマト
8の字に麻ひも結ぶ夏仕事 香魚
土壌改良には、牛ふん堆肥を使います。
近頃、牛ふん堆肥の行き場がないそうな。
みんなが家庭菜園をしたら、余り気味の牛ふん堆肥がもっとはけるかもしれないなー。
なんてことをああでもないこうでもないと考える。
半農半Xの塩見直紀さんは、田んぼの農作業の時間を「思索の時間」とおっしゃいました。
思索がメインで、実る稲は副産物かもしれないとも書いていました。
すごいですよね。
だけどわたしもベランダ仕事するといつもそんなこと思います。
ミニトマトの周りには、ネギとバジル。
コンパニオンプランツ といって、
トマトはバジルやネギの側に植えると相乗効果でよく育つ!
この人がそばにいるとなんか元気になる!とか、
この人といるといつも楽しい!とか、一緒にいると元気になる人(つまり好きな人)っているけれど、野菜にも相性ってあるんだね〜。
WIN-WIN!
令和元年5月1日、曇り、ベランダ野菜日記はじめます。
苗の植え付け。
オクラ×2、ミニトマト千果となんとか(名前忘れた)、バジル、
苗はぜんぶ、恵比寿で開かれていたアーバンファーマーズサミットで富澤ファームさんの苗を買いました。
友達の農家の苗です。
何かあったらすぐ相談できる!
作業の終わり頃に雨が降ってきたーー。
絶好のタイミング。
雨降って土固まるや新時代 香魚
ベジアナ@ Setagaya, Tokyo

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.