画像: 「西麻布 Cronyのディナーコース」

「西麻布 Cronyのディナーコース」

西麻布のCronyに呼んでいただいてディナーです。
なんだろ、ワインの会なのかな?
とにかくお知合いに声をかけてもらって参加したら、出るわ出るわ、
普段お目にかかれないようなワインがどっさり...。
大変貴重なワインなのだけど、どれが好み?って言われても味が刻々と変わっていくし
酔っぱらっていくしで(笑)、最後まで意見変わりまくりでした。
こちらCrony。
私の友人や周辺の方たちも結構行ってる人気のお店。
予約取れるの良かったな。
さてお料理は多皿系で、小さいお料理が次々と出てくるモダンフレンチ。
まずは"石"
コロッケなのですがこれは竹炭なのかな、キレイに真っ黒です。
ここから連続でフィンガーフードが続きます。
カプリコとか言ってたこちらは野蒜とマスの卵。
たこ焼き風なのは...。
どっからどう見てもたこ焼きだけど牛ほほ肉とふきのとう。
遊び心とアレンジとデザインがあっておもしろい。
冷製の前菜はうすい豆とはまぐり。
しゃきっとしたいんげんとほっくりと柔らかいうすいえんどう。
蛤出汁が濃い。。
とっても独創的な料理が続く中、季節感もしっかり押さえられているんですね。
ほたるいか。
かぶ、トマトと桜の香り。
九州のたけのこ、
液体窒素を使い削ったふわふわなフォアグラ。
口の中でとろっと溶けてく。
そしてめちゃくちゃ美味しいのこのパン!
ホエイを練り込んだバターも最高においしいです。
がりっと固いのに、中はふんわり。
サンフランシスコ「セゾン」の酵母を持ち帰り、作られたパン。
山口のアマダイ。ホワイトアスパラガス、うに。
パリッパリの松笠焼き。お魚はふっくら。
メインは羊。
玉露でポテトを香りづけ。
キャベツを焦がしてペーストに。
火入れがほんとにすごかった。
アフィデリスチーズ。
これ、どうなってるのかわからないんだけど、中は液体です!
さらさらの液体なので一口で食べてくださいと注意があります^^
八朔のタルト、香ばしく焼いたメレンゲ。
そしてパンのアイス!?前に出たブレッドをつかったアイスです。
そうそう、どの器もとてもステキでしたー
次々と出てくるお料理に会話も弾みますよ!
---

love.exblog.jp

This article is a sponsored article by
''.