画像: オップラ・ダ・ジターリアでマッシュルームのコース!

オップラ・ダ・ジターリアでマッシュルームのコース!

本日のピックアップフォトは、昨年練馬の武蔵関にオープンして、既に大人気の「オップラ・ダ・ジターリア」で食べた、旨味と栄養素の濃い国産のマッシュルームをたっぷり使ったナポリピッツァです。
千葉県産の美味しいマッシュルームに、有機ルーコラ、有機レモン、豚ホホ肉の塩漬けハム、燻製モッツァレラ)などをトッピングした驚きの美味しさでした。この夜は「マッシュルームトーキョー」という、マッシュルーム料理専門店も運営している「ワキュウトレーディング」の、千葉県産マッシュルームをたっぷり使ったフルコースを、「オップラ・ダ・ジターリア」で作ってもらう、という特別なコースになりました。
驚きのコース内容はこの後の本文でどうぞ!
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
西武新宿線武蔵関駅という都会のベッドタウン的な駅から徒歩2~3分の場所にあるのが「オップラ・ダ・ジターリア」です。3月に日本とイタリアの友好ディナーをブログで紹介したばかりなのでまだ覚えている方もいらっしゃると思いますが、今回は「マッシュルーム尽くし」という、また違った趣向で楽しんできましたよ。
今夜(4月4日)の深夜25:59(5日a.m.1:59)に日本テレビ系で放送される、「ワケあり!レッドゾーン」の「ライセンス藤原プレゼンツの食リポ先生ゾーン。」で以前僕が紹介した時のシーンが使われるようなのでご覧くださいね。
https://ameblo.jp/pizzanapoletana/entry-12447643561.html ←日本とイタリア友好ディナー
ソムリエの池田君が選ぶワインはどれも料理と我々の好みに合わせたチョイス。
前菜の一品目から驚かされました!。
これ「マッシュルームの甘じょっぱいティラミス」です。
マッシュルームパウダー、デュクセル入りザバイオーネ、ワキュウトレーディングの千葉県産マッシュルームとココアのクランブル、コーヒーゼリーを積み重ねていて、焦がしたマッシュルームの味を、珈琲の風味と見事にマッチさせているのが凄い。
江戸東京野菜 のらぼう菜を使ったナポリの伝統料理 ミネストラ マリタータ。
マッシュルームは窯前で1日乾燥させ、味と香りを凝縮させて素揚げして添えてます。
野菜の旨味がたっぷり出たナポリのおばあちゃんのミネストラって感じのスープに、マッシュルームの旨味がギュッと詰まっていて実に旨い。
シチリアのドンナフガータなど、ワイン好きには嬉しいワインが揃っていますよ。
前菜で「スフォリアテッラ」が登場!
千葉県産マッシュルームと、ヴェネト産ホワイトアスパラのスフォリアテッラ・フローラ サラータ。
スモークした、大泉の山口農園産フルティカトマトのソース添え。
クミンなどを入れたスパイシーな仕上げが最高!
ここまで食べてからピッツァの準備が始まりました。
しっかりと生地を伸ばしトッピングをしていく様子を見ているのも楽しい時間です。
燻製モッツァレラチーズとフレッシュな有機栽培のレモンをトッピング。
パーラの上で形を整えてから窯に投入します。
京都のCIROや洗足駅のダ・グランツァなどの窯を作った長尾さんにオーダーメイドで作ってもらった薪窯に、MIYAMURA WORKSの宮村浩樹氏の施工による窯がカッコいい!!
タイルではなく漆喰を使った装飾が斬新です。
完成したマッシュルームのピッツァを野間シェフに持ってもらいましょう!
国産の小麦粉を使った旨い生地に、千葉県産の美味しいマッシュルーム、有機ルーコラ、有機レモン、グアンチャーレ(豚ホホ肉の塩漬けハム)、プローヴォラアフミカータ(燻製モッツァレラ)という味の組み立て方とバランスが実に素晴らしいピッツァでした。
半分はワキュウトレーディングの千葉県産マッシュルームのホワイトソースと熊本の阿蘇で見事な赤身の牛を育てている井さんのあか牛のボロネーゼソース。
半分の緑の方は、のらぼう菜と自家製サルシッチャ、燻製モッツァレラを使ったNMPです。
窯の前で仕上げていく様子を眺める時間は至福の時間です。
ナポリピッツァのお店に行ったら、職人技を自分の目で見てから食べるというのも楽しいですよ。
同じ材料と同じ窯を使っても、職人ごとに全て出来上がりが違うからこそ、ナポリピッツァやピッツァ職人という仕事が魅力的なんです。
半分の千葉県産の旨味の濃いマッシュルームのホワイトソースと、熊本の阿蘇で見事な赤身の牛を育てている井さんのあか牛のボロネーゼソースのコンビネーションは最高に旨~~い!!
手前半分の緑の方は、のらぼう菜と自家製サルシッチャ、燻製モッツァレラを使ったNMPですよ。
次のパスタもワキュウトレーディングの千葉県産マッシュルームと雪蔵熟成男爵、パルミジャーノを包んだ「アニョロッティ」というラビオリに、熊本の井さんのあか牛を使った贅沢な出汁「スーゴディカルネ」和えでした。
セコンドは、熊本の井信行さんが育てたあか牛のトウガラシのグリルで、コントルノ(付け合わせ)の野菜は、4時間ローストした千葉の有機ニンジン、レンコングリル、ワキュウトレーディングの千葉県産マッシュルーム、福井のマイクロフンギといった贅沢なラインナップ。
ピッツァやパスタにも使われていた牛肉が「熊本のあか牛」と聞いて、熊本県阿蘇郡産山村で、最高の赤身肉をもつ「くまもとあか牛」を育てている井信行さんのあか牛とは知らずに、同席した皆さんに井さんの民宿「山の里」で食べられるあか牛の肥育環境の素晴らしさや美味しさを話していたら、まさかのその牛肉でした!!
ナポリでも食べられるウィーンのお菓子「アプフェルトストゥルーデル」には五島の塩ミルクジェラートが添えられていてとても旨い。ピエモンテのチョコーレートプリン「ボネ」も美味しいですよ!
愛媛の有機栽培ブラッドオレンジのタルト。
練馬 荘埜園のイチヂク赤ワイン煮のジェラート
練馬の加藤農園のイチゴのティラミスがまた特別美味しかった。
薪窯の余熱を利用して作ったドライ苺と、フレッシュな苺にカカオや珈琲の風味が最高の一品です。
いつもは季節の果物を使ったドルチェピッツァを頼むんですが、今回は実力派のイタリアンドルチェを色々と頼んで、またオップラ・ダ・ジターリアの魅力に気付かされてしまいました(笑)。
最後にエスプレッソを頂いて今回のディナーが終了しました。
フードスタイリストのマロンさんや、フードジャーナリスト岩谷貴美さん、料理家の音仲紗良ちゃんといった実に素晴らしい食のスペシャリストメンバーでの食事会でした。マッシュルーム尽くしの料理やピッツァを提供してくれたオップラ・ダ・ジターリアの皆さんに感謝です。
プリモピッツァイォーロで料理のセンスも抜群の野間シェフにも記念写真に入ってもらいました。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローしてくださいね!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
Oppla’ Da Gtalia(オップラダジターリア)
電話番号:03-6339-6936
住所:東京都練馬区関町北2-28-7 小澤ビル 1F
交通手段
西武新宿線 武蔵関駅から徒歩3分
吉祥寺からバスで10分
武蔵関駅から93m
営業時間
12:00~15:00(L.O.14:00)
17:30~22:30(L.O.21:30)
定休日:水曜
予算(口コミ集計)
¥1,000~¥1,999 ¥4,000~¥4,999
支払い方法
カード可(VISA、MASTER、JCB、AMEX)
電子マネー不可
席数:36席
個室:無
貸切:可
完全禁煙
駐車場:無
近くにコインパーキング有り
カウンター席あり、オープンテラスあり
サービス
お祝い・サプライズ可、テイクアウト
お子様連れ
子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)、ベビーカー入店可
ホームページ
https://youtu.be/3n3twOWThpM
公式アカウント
https://www.facebook.com/dal20180919/
https://www.instagram.com/oppla_da_gtalia/
オープン日:2018年9月19日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.