画像: パスチーボは京都で初訪問の旨いナポリピッツァ!

パスチーボは京都で初訪問の旨いナポリピッツァ!

本日のピックアップフォトは、京都の山科にある本格的なナポリピッツァとソフトクリームが人気の店「PIZZA PASCIBO(パスチーボ)」で食べた「マリナーラ:540円」です。
この店はインスタグラムで旨そうなピッツァの写真をいつもアップしていたのでフォローをし始めたところ、オーナーの服部さんからメッセージを頂き、京都のピッツァ職人など、共通の友達も多いことからFacebookやInstagramで、交流を続けていて今回の初訪問になりました。
この日は京都で大好きなピッツェリア、「DA YUKI」のオーナー家族も参加してくれて楽しいピッツァ会になりました。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
詳細はこの後の本文でどうぞ!!
←読む前にぜひ左のランキングのクリックをお願いします♪
にほんブログ村
京都の山科は、京都駅からJRで5分程度、大阪からでも35分の都会のベッドタウン的な住宅街ですが、こういう地方の住宅地にも本格的なナポリピッツァの店があるのはとっても嬉しいことですね。
このお店は、素材から吟味したフレッシュなミルクを使うソフトクリームも有名で、昼から夜の通し営業をしているから、学校帰りの学生さんがソフトクリームを食べに寄ることもある気軽なお店です。
カウンター席もあるのでお一人様も気軽に使えます。
窯は日本橋の山宮かまどで煙突はMIYAMURA WORKSの宮村浩樹氏。
この店もゴールデンコンビによる施工ですね(笑)。
テーブルは8人ほどでいっぱいなので今回は子供を含む6人でテーブル席を占拠しました(笑)。
初めにボウル一杯のたっぷりの「ミックスグリーンサラダ(大):700円」と「ナポリ直送!水牛のモッツァレラとフルーツトマトのカプレーゼサラダ:1130円」を頂きます。
フレッシュな野菜がとっても美味しいので料理にも期待が持てました。
「鶏ムネ肉(丹波産)と半熟卵のサラダ:1300円」
鶏の胸肉とフレッシュなセルバチコ、まろやかな半熟卵を使ったサラダが実に美味しい。
地元の新鮮な野菜を使うサラダは地方都市ならではの魅力です。
元々料理人からのスタートですからドレッシングなどもセンスがあって旨い。
お子様には嬉しい「鶏もも肉(丹波産)のから揚げ:900円」や「フライドポテト:450円」なんてメニューもあるのが楽しいですね。
ドリンクも充実していて、車の人にはノンアルコールのハイボールまでありました。
ここで1枚目のピッツァの準備に入りました。
なかなか目の前で写真まで撮られることは少ないからやりにくかったと思います。
しかし、そこはベテランの落ち着きでしっかりとしたピッツァを作って頂きました。
完成したピッツァをオーナーシェフの服部さんに持って頂きました。
トップの画像でも紹介したとっても美味しいマリナーラがなんと540円です!!。
唐辛子オイルなどで、ちょっと辛味を足しても美味しいですよ!
次の1枚はこれもナポリピッツァの王道のDOCをお願いしました。
マルゲリータの高級バージョンと言えば分かりやすいピッツァです。
トマトソースの他にたっぷりのミニトマトを乗せて、水牛のモッツァレラチーズをトッピングします。
トッピングをしてから窯に投入して1分半ほどで焼き上げます。
完成した「マルゲリータD.O.C.:1520円」がこちら。
ミルキーな水牛のモッツァレラチーズに甘味と酸味が美味しいミニトマト、バジルの爽やかさがたまらない王道のピッツァですよ。
「クアトロフォルマッジ:1520円」は4種類のチーズのピッツァです。
ゴルゴンゾーラ、モッツァレラチーズ、リコッタチーズ、パルミジャーノレッジャーノのバランスが美味しいピッツァでワインにも良く合います。
日本ではワインのつまみに食べるゴルゴンゾーラに蜂蜜をかけるところから、クアトロフォルマッジにも蜂蜜をかけて食べる頂くスタイルが人気ですが、ナポリにあるクラシカルなお店では、「なぜ食事に甘い物ををかけるの?」という感覚になるので、やっている店は少ないです。
次は具材を包んで蒸し焼きにしたようなピッツァ「リピエノ」です。
カルツォーネと呼ばれることもありますが、基本的には同じピッツァです。
語源としてはリピエノは詰め物なので袋状の生地に具材を詰めたもの、カルツォーネは具材を包んで焼いた包み焼きと言った感じですが、今はどちらも包んで焼いている店が多いです。
完成した「リピエノ:1520円」がコチラです。
リコッタチーズやモッツァレラチーズ、ハムを包み焼きにしたピッツァです。
次の1枚を準備しはじめました。
とにかく軽くて美味しいからペロリと食べられちゃいますね。
薪窯に入れたらまずはあまり触らずにしっかりと火を入れていきます。
途中で焼きの弱い部分をチェックして更に焼いていきます。
地元の野菜を使ったオルトラーナ:1450円。
ortolana(オルトラーナ)とはイタリア語で「菜園風」という意味です。
生地の旨味と新鮮な地元野菜の旨味を楽しめるのがオルトラーナです。
今回の食事会のメンバーとオーナーの服部さんも交えて記念撮影。
DA YUKIの鎌田さんご家族と食いしん坊仲間のYumiちゃん、楽しい会話と美味しい食事になりました。
最後のドルチェピッツァの準備が始まりました。
伸ばした生地にバターと砂糖を塗って焼いています。
このルックス大胆でしょ(笑)。
「シュガーバターのピッツァソフトクリーム添え:1160円」です。
この店はナポリピッツァの有名店ですが、素材からこだわったソフトクリームも有名で、これだけ買いに来る人もいるほどの名物になっています。
ドルチェピッツァにはこれのミニバージョンが丸ごと乗っています。
バターと砂糖を塗って薪窯でカリッと焼いたピザ生地に乗せたソフトクリームを塗って食べるのが最高に旨い。シンプルで旨いドルチェピッツァです。
チーズケーキもとっても美味しかったのでカフェ利用だけでもかなり満足感の高いお店です。
一緒に行ったDA YUKIの鎌田さんとパスチーボの服部さんも一緒に記念撮影♪。
Jaffaの美味しいインスタグラムもフォローお願いします!
https://www.instagram.com/jaffapizza/
★下記のランキングに参加しています!★
にほんブログ村
それぞれをポチッとクリックしてランキングアップにご協力お願いしますm(__)m
ピッツァ パスチーボ (Pizza Pascibo)
電話:075-595-3547
住所:京都府京都市山科区北花山横田町16-4
交通手段
地下鉄東西線、御陵駅より徒歩15分
京阪バス、北花山より徒歩5分
京阪バス、中道町より徒歩1分
御陵駅から973m
営業時間
11:30~21:30 (ラストオーダー)
日曜営業
定休日:毎週火曜日、第2第4水曜日
予算:¥1,000~¥1,999
支払い方法:カード不可、電子マネー不可
席数:14席(カウンター6席、4人掛けテーブル2卓)
個室:無
貸切:可(20人以下可)
完全禁煙
駐車場:有
店舗前に1台、店舗裏に2台
オシャレな空間、カウンター席あり、車椅子で入店可
サービス:お祝い・サプライズ可、テイクアウト
子供可(乳児可、未就学児可、小学生可)、ベビーカー入店可
小さなお子様を除き、来店人数分の注文は必須。
ホームページ
http://www.pizzeria-simpatia.com/
公式アカウント
https://www.instagram.com/pizza_pascibo
オープン日:2018年3月1日
←食べあるキングメンバーです
←メシコレキュレーターです

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.