画像: wineloverボルドー講座マリアージュ@Le FAVORI

wineloverボルドー講座マリアージュ@Le FAVORI

こんにちは。久しぶりのブログ更新です>< 私がワインスクールで主任を務めている、「ワインを楽しむ」をコンセプトにしたワインラヴァー講座。年明けから開講していたボルドー講座の最終回のレストラン講座を、紀尾井町の『ル・ファヴォリ』さんで開催させていただきました。ご提供したのは、厳選ボルドーワインと、それらとの相性を意識して考案されたこの日の為だけの特別メニュー。店舗様との打ち合わせを何度も重ね......この最終回に臨みました。 いつもとはまた違った、開放的な非日常空間に集い、レストラン講座のスタートです!どんなマリアージュ体験になったのか、さっそくこちらでご紹介させていただきたいと思います。 まずは乾杯のワインから。 クレマン・ド・ボルドー ジャイヤンス ロゼ NVコート・デュ・ローヌ北部に本拠地をおく、フランスを代表する優良共同組合が造るクレマン。様々なコンクールで受賞を果たしているこちらのワイン、洗練された泡立ちと凛とした酸、そして美しい果実味を持ちあわせる魅惑の1杯です。メルローらしい華やかな果実味と滑らかさが、スパークリングになってもキレイに活かされているのが印象的。 こちらに合わせたお料理が......天使エビのミキュイ カリフラワーのクレームコンソメジュレ ヘーゼルナッツ エルブエビのピンクの色調やジュレの澄んだ琥珀色、カリフラワークレームのクリーミーなテクスチャー、ヘーゼルナッツの香ばしさやコンソメの旨みが、ロゼクレマンに同調します。 今回のテーマとなる造り手は、シャトー・ラグランジュ。サントリーさんオーナーということでも知られていて私たちにも、とても身近な造り手です。1983年に同社が買収してから、クオリティーが格段に上がったことでも知られていて、いまでも素晴らしい品質の高さを誇るサンジュリアン3級のグラン・ヴァンです。 今回は......シャトー・ラグランジュの造る白、そしてセカンドワインとファーストを皆様に楽しんでいただきまいた。 まずは白からスタート。レ・ザルム・ド・ラグランジュ 2016こちらはソーヴィニヨン・ブランの魅力を最大限に引き出した洗練された白ワイン。70%の新樽比率を感じさせないほどタルのニュアンスは上品で、品種個性のハーヴのニュアンスとシトラスフレーバーが口中で華やかに広がります。 そして、合わせたお料理は......スモークサーモン ホワイトアスパラガスのブランマンジェパンプルムースのムースリーヌ チュイユ ディルワインの持つ柑橘のニュアンスをスモークサーモンに絞るように補完させるという、計算されたマリアージュ。パンプルムース(グレープフルーツ)ジュースで風味づけしたムースリーヌもワインのシトラスフレーバーに寄り添います。 付け合わせのブランマンジェに閉じ込められた、ホワイトアスパラガスの心地よい苦みもSBの爽やかさに合わせて楽しむことができました。 そして、赤ワインへ......今回の主役となる比較テイスティングです。 レ・フィエフ・ド・ラグランジュ 2015赤ワインは、まずはセカンドワインからスタート。こちら、カベルネ・ソーヴィニョン比率は55%で新樽比率は20%。約12か月間の熟成を経て、複雑且つバランスのよいスタイルに仕上げられています。ブラックベリーやカシスといった果実味に加え、メルロ由来の土っぽさや滑らかさを感じることができるエレガントながら ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.