画像: 播磨の酒文化ツーリズム レポート6

播磨の酒文化ツーリズム レポート6

3日目、まずは明石市にある、来楽を醸す茨木酒造へ。山陽魚住駅から徒歩7分なので、電車でも訪れやすい場所にありますね。江戸末期の1848年創業、現在9代の茨城幹人さんが蔵元杜氏として酒造りに携わっています。「来楽」は孔子の論語「朋(とも)あり 遠方より来たる また楽しからずや」に由来しているとのこと。「人生最高の楽しみとは、仲のよい友人と酒を酌み交わして歓談することである」という意味があり、さらに「来楽」は、左右対称の鏡文字で縁起がよいとされています。明石には、昔は77の酒蔵がありましたが、戦後26蔵まで減少し、現在は6蔵が酒造りをしています。蔵の横には田んぼがあり、一般向けに五百万石の田植え、稲刈り体験もしているそう。また蔵の裏側にはすぐ海が広がっていて...タコも普通に獲れるそうですよ。現在は200石ほどですが、山田錦、五百万石と兵庫県産の米のみを使い、同じ酒米でも生産者によって出来が違うので、洗米もそれぞれの米に合わせて全て手洗いをし、小仕込みで丁寧に仕込んでいます。また、一部に月下美人やアベリアの花酵母を使っているのも、来楽の特徴の一つ。月下美人はバナナ系の香りで爽やかな酸味が感じられ、アジアの輸出向けに。アベリアはリンゴ系の華やかな香りが出るので、コンセプトに合わせて酵母も変えています。仕込み水や3~4メートルほど掘ったところから出てくる伏流水を使っていますが、宮水と同じような成分でミネラル分が多く、醪の発酵も18~20日と早いそうですよ。あえて温度を下げてゆっくり発酵させるのではなく、水の性質に逆らわず、なるべく自然体で...とのこと。また、面白い取り組みが、このオランダ製の樽。中はアルミラミネートバッグになっていて、空気に触れないので、いつでも搾りたての生酒がいただけるんです。冷蔵保存は必須ですが、実際に目の前で封を開けたものを頂だくと、シュワっと微発砲でフレッシュでとっても美味しい以前竹泉の酒蔵でも同じものを頂きましたが、兵庫県下いくつかの酒蔵で一緒に取り組みをされているんだそうですよ。他のお酒も試飲し ...

ameblo.jp

This article is a sponsored article by
''.